moroの家族と、ハントメイトと。

ぎゅっと抱きしめたい2 自閉症児こもたろ 小学生になる(単行本)

ママは、晩ごはんを作ってまーす。こもちんは、何をしようかなー?「はーい。おかたづけでーす。」~10分後~「ママー、おわったよー。」は~い、ご苦労さま~^^ ありがとう~♪この後こもろさんが説教をくらったのは、言うまでもない。

つづき

こもたろ先生は走るときだもんで、よく、転ぶ。こもたろ先生はちょっとやそっと転んだ位じゃ、泣かないの。派手に転んで相当痛いときは泣く。でも、こういう時でも最初にちょっと泣いて痛みのピークが過ぎたら、もう忘れてニコニコ機嫌よく遊んじゃうのよねー。血を見ても、

つづき

我が家の長男坊、こもたろ3歳は自閉症です。今日は、こもたろの好きな歌について^^療育園で覚えた「数えてみよう」歌詞は・・・数えてみよう♪いち。カブトムシが1匹♪数えてみよう♪に。トンボが2匹。数えてみよう♪さん。バッタが3匹。数えてみよう♪よん。てんとう

つづき

お風呂でのお話。こもたろ先生は一定時間、肩まで浸かるのがあんまり好きではありません。毎度毎度の大暴れ。NHK教育”みいつけた!”より「ちゃっぽん節」この歌、合いの手が入ります。「ちゃっぽん節」はこもろ姉ちゃんも大好き。この歌をうたうとこもろが合いの手を入

つづき

こもたろ先生は気分が乗らない限り、自立して食べてくれません。恐らく、自分の思う通りに口へ運べない、スプーンが思うように動かせない等があると思います。(大口開けているのですが、ほっぺに当たったりしてます。 印象としては、1歳児の食べ方(上の子と比較))ちょ

つづき

風呂上りにて。脇 毛 。キミには恥じらい というものがないのかね。

つづき

療育の園にて・・・園内の公園へ出ると、砂場へGO!のこもたろ。↑砂遊びセットを借りて、急いで追いかける母。ソレはある日突然、起こった。砂が付いたままでも、お構いなしのこもたろ先生。本当に突然。この日から毎回やるようになってしまいました。まず最初に、顔を砂に

つづき

今日はパパのお話。ほっぺだよー。ほっぺにちゅーーーっと。ママも、しいたけ嫌です(*´Д`)

つづき

↑ママのお友達に貰った、お気に入りのおりがみ。「折ったよ~。」そして―――――「そっか、先生にあげたんだ~^^」「こもちんが作ったやつじゃないけれど、いいの?」「こもちんがつくったなんて、いってないもん。」「ママが作ったって言ったの?」「んーん。それもい

つづき

トーマス好きはある日、突然って感じです。ウチにも、トーマスグッズなんて無いのになぁ・・・。こもたろを見ていてなんとなく気付く点と言えば、キャラクターの「目」。こもたろって、目にちょっと特別な見方をしているようなんですよね。愛嬌のある感じで、キョロキョロっ

つづき

母ちゃんは出掛ける予定のない日は、スッピンで過ごします。買いに行かなきゃ~っ移動も車だしぃー。リュックを背負う = お出掛け「出掛ける前に、母ちゃんが化粧をする」いつの間にか、これがこもたろ先生の中で”お決まり”の工程になっていたようです。「面倒くせー」

つづき

先日は療育の園にて11月のお誕生日を祝う会。3クラス合同の日で月に一回、開かれます。お誕生日を祝う会ではこのようにお誕生月のお友達が、中央にセッティングされたイスに座ります。イス=座るものということがインプットされているこもたろ先生。しかし、こもたろの誕

つづき

療育の園に来てから、すること。まず、お着替えをして出席ノートにシールを貼ってお友達がみんな揃うまで、オモチャで遊んだら園内にある、公園で遊ぶ。決まった時間、公園で遊んだ後は日によって組まれた内容の療育遊びをします。公園・・・この公園の砂場で遊ぶのがこもた

つづき

似てる・・・かな?(;´▽`A``平日は、この番組を見終えてからバス停(自宅前)へ行きます。「なんでみんな、ちょーろーさまってよぶの?」「ながいき?どうしてながいきなの?」「元気だから、みんなより長~く生きてるんだよ。」「たくさん、ながくいきてるの?」こもち

つづき

↑このページのトップヘ