moroの家族と、ハントメイトと。

ぎゅっと抱きしめたい2 自閉症児こもたろ 小学生になる(単行本)

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード4、本日更新しました!やりすぎちゃう 頑張ろうという気持ちはえらいけどもよろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーー子どもたちとまったりタイム。大の字で横になるって最高だね。と言っ

つづき

ある日のこと。こもちんとこもたろ2人仲良く、何かの冊子を見ていた。こもたろ&こもちん「似てるーっ」子どもたちが、自分の話題で盛り上がってる。親としてはなんとも嬉しい。冊子に載ってる人って誰だろう。気になる。見せて見せてーっ人じゃなかった。こもちん「怒った

つづき

皆さんご存知ライブドアブログ公式ブロガー歌川たいじさんこと、歌さんの書籍が映画化とあってライブドアブログさんが試写会を開催してくださった。11月16日公開を先駆けての映画「母さんがどんなに僕を嫌いでも」の試写会。新版 母さんがどんなに僕を嫌いでも [単行本]

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード4、本日更新しました!さて次は もっと余韻にひたろうよよろしくお願いいたします。ーーーーーーーーーーーーーーーーここんとこ、あっちへこっちへ慌ただしくバタバタバタっと日が過ぎていく。ソ

つづき

父ちゃん、お片付け中。父ちゃん「紙袋的な?」こもたろが寝てるからそーっと入ろう。暗いし、よく見えないから慎重に…あぶな。何か足に当たったぞ。振り返ると寝ているこもたろの横に地球儀。こもたろの「ちきゅうをまもる」って声が聞こえそうだな。★★★★★サブブログ

つづき

昨日のつづき。冗談のつもりでトイレに行きたいこもちんを通せんぼした、こもたろ。それは冗談じゃなく、意地悪に近くなるんじゃないかなって母ちゃんが伝えたところとなった。こもたろ「いじわるっていうほうが、いじわるだもん」2階のトイレから戻ってきた、こもちん。か

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード4、本日更新しました!気持ちは嬉しいが ちーんてしてたやつでは?よろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーーーーこもちんの声が聞こえてきた。隣の部屋から、トイレに向かおうとしてい

つづき

ポン太の去勢手術が終わって数日が経った。去勢=取るという話だったのでなんとなくのイメージとしてアレが見た目にもなくなっちゃうのかなーなんて思っていたんだけどこんな感じ。そりゃそうだ。皮は残るもんね。エリザベスカラーが外れて思う存分毛づくろいをしていたポン

つづき

先日の言語療法。50分ほどのお勉強を頑張って最後はいつものパソコンで、ドラえもんすごろく。対戦相手はのび太くん。いつもは容赦なく強い、のび太くん。今回はちょっと調子悪かったみたいでふりだしに戻っちゃった。こもたろ、自分が勝てる見込みが出てきた嬉しさで指を

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード4、本日更新しました!それはもしや な…涙!?よろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーーこのところいろーいろとめまぐるしく動いていてね、今月に入ってから特にバタバタしてるんだけ

つづき

先日!ついに!ポン太のエリザベスカラーが!取れた…!!!!抜糸をして、お医者さんの指示のもと、自宅で2時間の経過観察。その後、やっと!やっと!エリザベスカラーを取ったよ!よかったねぇーっよく頑張ったよ、ポン太ぁぁぁぁぁっ…と、ちょっと遡ってだね、エリザベ

つづき

放課後等デイサービスの連絡帳に書いてあった出来事。利用している放課後デイは学校まで迎えに来てくれるんだけどその放課後デイに向かう時の話。こもたろ、放課後デイに着いたときのおやつが気になってと、聞いたそうな。と、伝えたところと、嬉しそうなこもたろ。ジャイア

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード4、本日更新しました!口癖 やることやってからねよろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーーーエリザベスカラー生活、5日目に突入した頃ポン太は悟りを開いた。そしてエリザベスカラー

つづき

エリザベスカラーに苦戦する、ポン太。頭を思うようにかけない。身体をなめることもできない。こういう時は、ヘルプモード。母ちゃんに訴えてくる。かゆい所に手が届くのがよかったのか、ポン太がより甘えてくるようになった。それでね、くららたんの記事で鼻ゴッツンの話が

つづき

この週末はいろいろ予定が入っているので書き溜めておいた予約投稿を。ポン太話が続いちゃうけど許してちょんまげ。(↑これ子どもに言ったらウケたから書いてみた)さてさて、去勢手術後のポン太。テンションだだ下がりからやっと浮上したわけだけれどもまだ慣れないもんで

つづき

↑このページのトップヘ