moroの家族と、ハントメイトと。

ぎゅっと抱きしめたい2 自閉症児こもたろ 小学生になる(単行本)

2012年12月

今年も残す所1日となりました。2012年・・・いろんな出会いがありました。ハンドメイド雑誌「コットンタイム」の方にお声を掛けていただき今まで経験したこともないことをたくさん経験させていただきました。すごく新鮮で、すごく勉強になり、本当に充実した一年でした

つづき

ようにしている。寝込んだ後にはだいたい書いてることですが^^;今回のノロの時も大変でございました。何が大変って・・・一足お先に元気になったあの野郎が執拗な”構ってちゃん”になること。デスヨー。で、母ちゃんがうつ伏せで寝る理由。たろさん、技に磨きがかかった

つづき

皆さん、たくさんのお見舞いコメントありがとうございます!こもたろをはじめ、こもちん、母ちゃんしましたー!!とにかく、身が軽くなった昼から再感染を防ぐべく、塩素系漂白剤を薄めた液で、家具、ドアノブ、スイッチなどなど徹底的に除菌~っあと、たまりにたまった洗濯

つづき

昨日の記事でチラっと書きましたが深夜にこもろ姉ちゃんが嘔吐、その数十分後に、母ちゃん嘔吐しました。一晩中、怒涛の嘔吐合戦。(母ちゃんはお腹もピーピーでした)死ぬかと思った。死ぬかと思った-!半日苦しんだのですが、今はだいぶラクになりました。今日はこんな記

つづき

本日のたろさん、あおむしの歌詞にのっかり自分の状況を伝えてくれていました。複雑な母( ̄ー ̄;・・・ツッコミてぇ。夕方まで、ずっと腹痛を訴えそして一気にその後はラクになったようで機嫌もよくなりました。今日はパーティーはできなかったけれどお友達からいただいたプ

つづき

昨晩からたろさん、激しい嘔吐1~3回目は大量に嘔吐しその後、10分おきに嘔吐を続けました。これ、大袈裟でも何でもなく一晩中、10分おきです・・・。もう出るものも出なくて胃液?透明の液体がドロっと出るだけ。水を飲んでも吐く。なので水分も取らせないようにしました

つづき

たろさんは初物が苦手。我が家で長年使っていたこたつは私がひとり暮らしをしてた頃から使っていた小さなこたつ。かれこれ10年位使ってたかな?それも、一昨年の春近くにいよいよ壊れてしまい・・・昨年、4人家族だしってことでちょっと大きめのこたつを新調しました。で

つづき

おもちゃ図書館でクリスマス会がありました。療育園のお友達もみんな参加♪おもちゃ図書館 ・・・文字通りおもちゃがたくさんあるところ。   図書館のように、貸し出しもしてくれます^^慣れない場所のためか、しょっぱなからちょっと怖がる、たろさん。歌が始まり、し

つづき

療育園の教室には、こういった・・・出窓(?)みたいなスペースがあります。ロッカーの上とか、他の高いところに登ったりするのはダメだけどここだけは”あがっても良いスペース”ということになっています。みんな、ここにあがるのは大好き。一種の落ち着きスペースです。

つづき

たろさんダウンに続き、母ちゃんのダウンだったので、月曜日は久々の療育園でした。雨が降る前にお外遊びしちゃおう~とみんなで療育園内の公園に出たのですがほどなくして、雨がパラパラと降ってきました。なので急遽、部屋遊びの時間に変更。公園遊びモード全開のたろさん

つづき

たろさん、伴奏の部分を一所懸命歌っておりました(笑)ランキングに参加しています。  1ポチで投票が入る仕組みになっています。  更新の励みになりますので 「応援してるよ~!」のポチ、よろしくお願いします  にほんブログ村【すくぱら秋冬ブログコンテスト】現在

つづき

だいぶ前に、フジテレビが映らない という記事を書きましたが、その後、日に日に各局が映らなくなっていき・・・↑番組表。頼みの綱のEテレも、視聴できなくなりました。視聴できたのは・テレ朝・テレ東・ちばテレ・東京MXの、4局のみ。この地デジの時代、ありえねーだろー

つづき

もうすぐクリスマスですね^^さてさて、我が家のチビッコもクリスマスが待ち遠しい様子。「ブーツのお菓子」を連呼するので(こもろが)とりあえず、オヤツに買ってあげました。本気のブーツ(1000円くらいの)は、まだちょっと早いので(笑)とりあえずコッチで気分出しと

つづき

月曜日は入園説明会でした。その帰り。パパさんと園庭で遊んでいたカレンたん。んもうっそんなん呼ばれたら、オバチャンたまりませんまだ声が出ないmoroオバチャン。ひ る む カ レ ン た ん 。この戸惑った顔がまた可愛くて、ついキュンとしちまったぜ。ランキング

つづき

平日の朝。こもちん、母ちゃんに髪を結わいてもらいます。こもろ姉ちゃんがやってもらっているのを見てこもたろも”髪を結わいて”と訴えてきました。次は母ちゃんの支度。お化粧をしているとこもたろも”お化粧する”と訴えてきました。ファンデやマスカラなど、1つの工程

つづき

↑このページのトップヘ