moroの家族と、ハントメイトと。

ぎゅっと抱きしめたい2 自閉症児こもたろ 小学生になる(単行本)

2013年02月

ただいまshop準備中でバタバタしており、コメントへのお返事が遅れております。すみません!m(_ _)m-----------------------------------------------療育園水曜日は「作ってみよう」(工作)の日でした。この日作ったのは、胴体はトイレットペーパーの芯。まずは着物の柄を

つづき

最近、たろさんは「自分でやりたい」という気持ちが出てきています^^お風呂場でも・・・洗ってあげようとすると「だめ!わたし!(`Д´)」と拒否。(「ボク」って教えてるんですけどね~^^;)ボディソープをつけて、あわあわぶくぶく。でも、洗えるのはお腹だけ。そして

つづき

こもたろには”決まった位置”というものがあります。例えば教室の前に設置されている、タオル掛け。最近は一番左端じゃないとダメ。玉が取れちゃって針金だけ。ココにタオルを掛けるのが、最近のこだわり。左側が密集していて、右側がスカスカだとやっぱり空いてる方に掛け

つづき

先日の記事ではたくさんのコメントをいただき、ありがとうございます!お時間いただいておりますが、必ず皆さんにお返事いたしますのでしばらくお待ちくださいm(_ _ )mお待たせしてすみません!さて、ショップからお知らせです!初売りは1月末を予定しておりましたが、遅く

つづき

先日の療育園にて。この日は前半”調理実習”(昨日の記事です^^)、後半”コーナー遊び”でした。コーナー遊びは、ひとつのテーブルにはレゴブロック。もう片方のテーブルには、小麦粘土が置かれ各々好きな方で遊んでいました。こもたろは最初に準備されたテーブルのレゴ

つづき

以前、調理実習フルーチェ作り のことを書きましたが今回も調理実習のお話。先日の調理実習は、モコモコ(永谷園)。溶いた卵とモコモコ(粉)を混ぜてマグカップに入れ、レンジで加熱するとモコモコモコ~ッと膨らんで、ふんわりケーキになります。母ちゃん、名前は知ってい

つづき

先週、こもろが通う幼稚園で作品展(そのあと保護者会)がありました。時間内は自由に見て回っていいことになっていてこもろはお友達と一緒に、回っていました。母ちゃんは、たろさんと。↑いつもこんな感じですまぁ見て回るというより、こもたろさんを制御しつつ、隙をみて

つづき

こもろ「ママー!見て見て~! たろくんがー、母ちゃん、ちょっとビックリしました。その描いたものが、コチラ。これ、「こびと観察入門」って書いてる?※記憶で書いています。左上には、ちっちゃなこびとを描いた様子が。(そして途中で断念している・・・(笑))実は今

つづき

気が付くと、たろさんの絵の更新がご無沙汰でした~。昨年の10月以来?4歳6ヶ月現在の絵です。たまご。・・・にヒビ?紙を裏側に返すと、パカッ!割れたら生卵ちゃんが出てきました。(顔が描かれてます)これは必ず、ひび割れ卵を描いた裏側に描いています。これは療育

つづき

バレンタインでしたね~^^我が家でも、女子チームがチョコを渡しました♪(こもちんはちゃっかり自分チョコも♪)今日は、たろさんのバレンタインの様子をば・・・これ、なーんだ?こもたろ「あ・り・が・と・お。」・・・・・・・・・・・・・・・。たーろくんお(の)、

つづき

たろさんが抱っこしてほしいとき。母ちゃんが「おいで。抱っこしよう。」と言っていたのをインプットしちゃいました^^;はぁぁぁぁぁ。昔はこういうのが一切なかったから(ひっつき虫はいつもだけれど・・・もはや遊具化しておりますので(笑))今更ながら、母として”甘

つづき

アタシ、さくら。昨日の続きよ。たろさんったら、アタシの場所が大好きみたい。いつもお出かけ用ケージ とかに入ってるの。この間も、アタシのお部屋が占領されちゃって。「さくらのお部屋に入りません。」※↑自分の方が優位だということを示そうとしています。おどりゃー!

つづき

今日はすっごい久しぶりな感じですが我が家のワンコのお話です。いつもさくらの話題で盛り上がるmoro家ですがこっちでは全然でしたので(;´▽`A``それでは、お付き合いください^^皆さん、お久しぶりデス。先月、2歳になりました。ずっと前にも言ったけれどはじめて見る

つづき

3連休も最終日ですね。皆さま、如何お過ごしでしょうか。(コメントのお返事遅くなっています。すみません!)さて、本日はお知らせです^^ハンドメイド雑誌『COTTON TIME』3月号に、moroの作品が掲載されました♪心の底から、ありがとうございます。ホント、皆さんの応援

つづき

母ちゃん、うかつでした。木曜日は療育園の登園がない日。たまった疲れからか、日頃の寝不足からなのかついついウトウトとしてしまいました。たろさんが、台所で何かやっていることにはなんとなく気配で勘付いていました。「危ないものは手の届かないところに隠してあるし 

つづき

↑このページのトップヘ