moroの家族と、ハントメイトと。

ぎゅっと抱きしめたい2 自閉症児こもたろ 小学生になる(単行本)

2014年08月

「すくすくパラダイスぷらす」にて、Webマンガの連載中!本日、第13話-4 更新です!「新しい絵本」ラッピングをはがす的なよろしくお願いします。―――――――――――――今日は皆さんにお知らせがあります。この度・・・自分でもまだ信じられないのですが・・・。こ

つづき

「すくすくパラダイスぷらす」にて、Webマンガの連載中!ただ今、第13話の更新中。「虫よけ」「まちがえた」「あいさつ」よろしくお願いします。―――――――――――――――――九州弾丸ツアー、続きです。お散歩して、だいぶうち解けた子供たち。みんなで夕飯をご馳走に

つづき

「すくすくパラダイスぷらす」にて、Webマンガの連載中!本日、第13話-3 更新です!「あいさつ」 まさかの呼び捨てよろしくお願いします。――――――――――――――――皆さん、たくさんのお祝いメッセージやお祝いコメント、本当に本当にありがとうございます!これ

つづき

「すくすくパラダイスぷらす」にて、Webマンガの連載中!ただ今、第13話の更新中。「虫よけ」「まちがえた」よろしくお願いします。―――――――――――――――――そしてお知らせ。き、急なことで本人が一番ビックリしているのですが・・・実は、当ブログがアメーバオフ

つづき

昨夜、アメーバトピックスにて当記事が紹介されました。公衆トイレで…。 ← 紹介された記事はコチラコメント欄にて教えてくださった方、ありがとうございます^^読者登録をしてくださったたくさんの方、ありがとうございます!こんなブログですが、今後ともどうぞよろし

つづき

実はこの2週間、帰省してました。(父ちゃんと愛犬サクラはお留守番)婆ちゃんが大好きな子どもたち。2週間、存分にベッタリしてました。夏休みもそろそろおしまい。千葉へ戻りますー。もちろん安全運転で。来週は、帰省中のできごとを綴っていきたいと思います。ではでは

つづき

お絵描きをしようと思った、こもたろ。「コップをどかせて」と、こもたろ。中には牛乳入り。ちょっとだけ、床にこぼれてる。急いで急いで。牛乳は臭くなるから、しっかり拭かないと。↑こもたろは、こぼれている事に気付いていません。こういう時ってたいてい、こうなるのは

つづき

先日、掃除機を平気で操作するこもたろのことを描きました。さてさて、同じく苦手だったもの。こっちはどうかな?公衆トイレに入ったときのこと。用を済ませ、手洗い。振り返ると・・・そこにはハンドドライヤーが(昔から苦手です)。しかも、こもろ姉ちゃんが使ってて音が

つづき

続けてでビックリ!なのですが・・・昨日もアメーバトピックスにて当記事が紹介されました。記事はコチラ → 担任の先生がいなかった日。たくさんの方に読者登録をしていただきました。ありがとうございます。こんなブログですが今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

つづき

先ほどアメーバトピックスにて、当ブログの記事が紹介されました。記事はコチラ → 元気いっぱい。読者登録をしてくださった方々、ありがとうございます!今後とも当ブログをどうぞよろしくお願いいたします。アメーバさん、この度もどうもありがとうございます!――――

つづき

まずはこちら。何やら、たくさん描いてたダンゴムシ。練習でもしてたのかな?それでは、ダンゴムシのお話はじまり、はじまり。ダンゴムシが、ころころりん。穴の中に、すっとんとん。下に落ちたら、もぞもぞもぞ。てってこ、歩きましたとさ。おわり。(特にオチはありません

つづき

先週のお話。療育園、朝の登園のとき。こもたろはいつも同じ環境じゃなくなると、とたんに不安になります。例えば、いつもの教室にいるとしていつもの先生(担任)がその教室からいなくなってしまうとまるで知らない場所にいるかのように、「どうしよーっ」となります。そし

つづき

今日のできごと。母ちゃんが掃除機をかけていたところたろさんが近づいてきて・・・紙を一枚とって・・・ちょっと破いて、それを丸めて・・・おいっ∑(゚Д゚)そこっ捨てない!母ちゃん、注意しようと思ったら・・・掃除機をかけはじめました。こもたろもやりたかったのかな。

つづき

夏休み・・・体力あり余ったアイツが、襲ってきます。人を巻き込んでの、ポニョ劇場。ポニョとそうすけ、再会のシーンだと思われます。夏になると、ポニョ劇場が復活するのは何故。首が痛いっつの。こもたろが飽きるのが先か母ちゃんの首がおかしくなるのが先か。ランキング

つづき

ファースドフード店へ行ったときのこと。ぱくっバンズとパテを一緒に・・・今まで別々にしか食べられなかったのに!※味が混ざるのを嫌がるので バンズ(パン)とパテ(ハンバーグ)を別々に分けて食べていたのです。それにそれに、噛み切ることが、とてもとても苦手なこも

つづき

↑このページのトップヘ