土日は
デアゴスティーニ「リバティプリントでハンドメイド」
マルチカバーにチャレンジ!記事を更新しています。
(デアゴスティーニ非公認)


――――――――――――――――――――


第6号のつづきです。

先週末はここまできました。




次はこれを、
先週作ったリバティ付きの三角生地に縫い合わせていきます。




布合わせはテキストを参照。



こんな感じでまち針。
(テキストでは白生地が上ですね。すみません…)




ぐし縫いで



縫えました。




もう一組のほうも同様に



縫えました。




次は白い三角生地をつけていきます。

まず小さい方の白い三角生地から。

テキストには
「角を合わせてまち針でとめておくとよい」とありますが
文字だけではわかりにくいという方へ。

三角形のうち、2つの鋭い角(同じ角度の角)同士を
重ね合わせるように半分に折ります。



そこの角にまち針を刺して






裏はこんな感じ。
角から針が出ています。

これが「角を合わせてまち針をとめる」




これでちょうど真ん中で折れていている状態なので



ぎゅっと押さえて、折り目(クセ)をつけます。

折り目をつけるだけなので
この後まち針を外して、三角生地は広げます。




では白い三角生地をつけていきます。



両端の角と角を合わせて、まち針。






さっきの折り目のところでまち針。
リバティの角と折り目が合うようにします。






まち針同士の真ん中あたりに一本ずつ。
こんな感じで。


・・・と、今日はここまで。
明日はこれを縫っていきます。




ママブロネタ「趣味」からの投稿