土日は
デアゴスティーニ「リバティプリントでハンドメイド」
マルチカバーにチャレンジ!記事を更新しています。
(デアゴスティーニ非公認)


――――――――――――――――――――



本日からは、第5号を進めていきます。






第5号付属キット。
マルチカバー用に使うのはこちら。



また後で使うみたいなので、大事に取っておきます。




前号から引き続き使うのはこちら。






先週はここまでで終わっていました。



ジャム瓶のアップリケをしたところ。




では進めていきましょー。
イチゴをアップリケしていきます。



こうやって、ぐるっとぐし縫いして・・・




一周縫えたら、型紙を置いて・・・






型紙を包みこんで



キュッと絞りました。

この段階ではまだ型紙は抜かないんですって。
このやり方は初めて。
わくわくします。




表から見るとこんな感じです。



型紙が入りでしっかり絞っているので、曲線がキレイ。




ここにイチゴをアップリケしていきます。



イチゴ用の生地は大きい方から進めているので
真ん中のイチゴですね。




ちょっと置いてみる。



こんな感じになるのね。
(ぐし抜いした糸は、このあと玉留めしてカットしました。)




テキストではこの状態でアップリケに入っていますが
初めてやる人はイチゴがずれていっちゃいそう。

当ブログのコメント欄を読ませていただくと
「初心者です!一緒に頑張ります!」と仰ってくださる方が多いので
初心者さんでもやりやすい方法をご紹介したいと思います。


まず、下書きにのせたイチゴがずれないように注意しながら
土台を持ち上げ



親指でイチゴを押さえながら






くるんと裏返します。




イチゴがずれないように細心の注意を払いつつ
裏返しの状態でテーブルの上に置きます。



白生地の向こうにあるイチゴを、指でギュッと固定しつつ




イチゴがずれないようにしながら



まち針で留めます。

白生地を挟んでの作業なので
指の感覚に頼りながらという感じですが・・・




透かすとこんな感じ。



イチゴの縫い代の部分にまち針がきています。






だいたい2箇所やればいいかな?と思います。
これでイチゴが固定できました。

明日の更新では、このイチゴをアップリケしていきます。





ママブロネタ「趣味」からの投稿