ハフィントンポスト
最新記事を更新しました!

消さないで。

あるお母さんの発言。
昔の自分と重ねてしまいました。
今はこんなですが、こもたろの障がいが解った頃かな…
悩み、苦しみ、絶望の中で過ごしていた時期がありました。
今現在、同じように苦しんでいるお母さんへのメッセージでもあります。
よろしければ読んでやってください。

よろしくお願いします。

―――――――――――――――――――

土日は
デアゴスティーニ「リバティプリントでハンドメイド」
マルチカバーにチャレンジ!記事を更新しています。
(デアゴスティーニ非公認)


――――――――――――――――――――



つづきです。

昨日はここまできました。



角の部分は、ひと針分残しています。


さて
次はこの、尖った角の部分。

キュッと締まった尖り方を出すのに
こんな感じでやってみました。

ひとつの方法として
初心者さんの参考になれば嬉しいです。



裏から輪郭線上に針を入れます。
だいたい1cmくらいのところかな。だいたいで大丈夫。
これは後で針を抜きます。縫いません。






左手の人差し指を使います。

縫い代部分がふくらんで出てこないように
後ろから人差し指で抑えこんで






左手の親指を上から






こうやって、ぐっとつまんでしまいます。

この時、リバティ生地をあまり引っ張らないようにしてくださいね。
浮いてきてしまうので。
白い生地の表面でやるのがコツ。




このまま・・・



そのまま針をスライドして抜きます。

すると、キチっとした角ができるので
この状態をキープしたまま、奥たてまつりで縫い進めていきます。





こんな感じです。




引き続き進めて、反対側の角は


このようになりました。




そして、ぐるっと一周。



第4号分はここまで。


次号はいちごのアップリケと刺繍のようですね。
火曜日が待ち遠しい。





ママブロネタ「趣味」からの投稿