今日は、こもたろ1歳のころのお話。



1歳のこもたろ先生。


ハイハイは1歳になってから。


その1ヶ月後には、一人で立ちました。

数歩歩きました。


ハイハイから歩きだす期間は短かったかな~。



一番印象に残っているのは、一歳半検診。


他の子との差をみせつけられた「ことば」の発達。


moroの家族と、ハンドメイドと。


他の子は、「あんぱんまん」などの単語が言えていて

「すごいな~」と感心しました。



「あれれ?

 2歳児検診も合同でやってるのかな?」


他の子との発達の差の開きに

一瞬そう思ってしまいました。



歯科検診を受けている子は

「いやー」と叫び、うわーんと泣いています。




こもたろ先生の検診は・・・

moroの家族と、ハンドメイドと。





moroの家族と、ハンドメイドと。


泣き方が赤ちゃん。




この頃、よくやっていた行動を思い出して描いてみます。


moroの家族と、ハンドメイドと。


ひとりでぐるぐる回る。





moroの家族と、ハンドメイドと。


車輪の動きを凝視。





moroの家族と、ハンドメイドと。


ブロックをひたすら並べる。





moroの家族と、ハンドメイドと。


本をパラパラめくる。

(分厚い本が好き)


他には・・・

・滑り台をひたすら滑り続ける

・階段の上り下りをひたすらやり続ける

・自転車のペダルをひたすら回す

・トイレの流水をジっと見つめている

・スライドドアの開閉をひたすらやり続ける


などがありました。

これらが本当に変わっていて、こもろにはなかった行動だったので

面白い子なんだと思っていましたね~。


そして、集中力がとてつもなくすごい子なんだと思っていました。



この頃からやっていた、クレーン。


moroの家族と、ハンドメイドと。


私は、これはこもたろの意思表示なんだと

これも指差しのひとつなんだと、勘違いしていました。



ことばが出ないこもたろ。

やはり周囲の

「男の子は遅いから大丈夫よ。ウチの子も遅かったわよ~。」

という言葉に安堵し


「ウチの子は大丈夫、大丈夫、大丈夫。」

と、自分に言い聞かせていたように思います。



~続く。



ランキングに参加しています。

  1ポチで投票が入る仕組みになっています。

  更新の励みになりますので

 「応援してるよ~!」のポチ、よろしくお願いします


にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
 にほんブログ村