moroです。


今日はすっごく良いお天気ですねー。


ジリジリ太陽、嫌いじゃないです。

晴れってだけで、元気が出ます。



さて、我が家のこもたろ先生


1歳の頃から

目線?目つき?ってものが

ちょっと気になっていました。



例えば・・・



moroの家族と、ハンドメイドと。


やけに接近してきたり

(今の所、私だけにしかやりません)





ご機嫌でお話していても


moroの家族と、ハンドメイドと。



急に、


ほんと、急にですよ。




moroの家族と、ハンドメイドと。


スイッチが切り替わったように

何も言わず、横目でどこかを数十秒見つめたり。





積み木で遊んでいても



moroの家族と、ハンドメイドと。


積み木にものすごく近づいて、上目遣いで凝視したり。





こもたろ先生には

この世界、どんな風に見えるのかな?




気になってみて、インターネットで検索してみました。



あちこちで、見え方の擬似体験方法が書いてありました。



それは

ペットボトルの上部を切り取り

ろうと状のものを作り、口以外の部分にラップを巻く、というもの。


広い方から、注ぎ口を覗き込む形で見てみるのだとか。





まぁ

近距離、遠距離で見え方もちょっと違うのかもしれませんが・・・



こういうことなのかな?



例えばさくら。


moroの家族と、ハンドメイドと。



こんな感じ?


moroの家族と、ハンドメイドと。




例えばブロック。


moroの家族と、ハンドメイドと。



こんな感じ?


moroの家族と、ハンドメイドと。





遊ぶ積み木も

moroの家族と、ハンドメイドと。




こんな感じ?

moroの家族と、ハンドメイドと。



目つきの意味が分かったような気がします。

こもたろなりに、よく見える方法をとっていたのかな、と。



私たちが、遠くの物をよく見ようと

つい目を細めてしまう行為に似てるのかな?




これからも、もっともっと

こもたろ先生のこと、知りたいな。