moroです。


本日は午前中に、こもたろのことばの発達相談に行ってました。


ことばの発達相談・・・4ヶ月に1回。

 保健師さんと1時間ほどお話をしながら

 今後の子供への接し方を決めていくもの。


ことばの発達教室・・・毎月1回。

 ことばが遅い子達が集まって

 みんなで遊びながら、言語へのきっかけを作っていこうというもの。



で、今日は発達相談の方。



今日は保健師さんに褒められました。

こもたろとの接し方がとても良いって^^



こもたろが考えてる(であろう)ことを、

ただ私が声に出して、実況していくだけなんですけれどね。


前にアドバイス頂いてから

ずっと忠実に守っていました。



こもたろが、私の洋服の裾を引っ張って、連れて行こうとしたら


「きてー。きてー。」


と、私が声に出す。




こもたろが、積み木で遊んでいて

欲しい積み木を探しているとき


「どこかなー。どこかなー。あった!赤い積み木ー。」


と、私が声に出す。



このような感じで^^



こもたろですが、

本当に少しですが、わかることを言うようになってきました。


「いーやー」 ・・・嫌

「あんまー」 ・・・ママ

「あんまん」 ・・・アンパンマン

「やったー」 ・・・嬉しい時

「いっしー」 ・・・美味しい

「いっしょー」 ・・・美味しそう

「ないないあー」 ・・・いないいないばあ



ふと、

こもたろが、デスクの上にあった、

えんぴつ削り(ハンドル手動のやつ)を見つけて大喜び。


それで遊びたいー!となりました。


その時保健師さんが

「こういう遊びが好きなのねー。」

と言いました。


そこで私が

「こもたろは回るものが好きなんですよねー。

 家でも、玄関に置いてあるお姉ちゃんの自転車のペダルを

 一人でずっと回して遊んでるんですよ。」


保健師さん

「もしかして、回ってる洗濯機の中とか見てるの好き?」


「はい、大好きです。

 あと、トイレの水が流れてるとことか。」


保健師さん

「換気扇が回ってるのとか?」


「はい、好きです。

 車や電車のおもちゃも、それ自体が好きというより

 寝転がってタイヤが回ってるのをずっと見てるのが好きです。」

 

(って、回るものが好きってこと、

 車じゃなくてタイヤが回ってるのばかり見てるってこと、

 最初の相談の時に全部話したはずだけれど・・・)



保健師さん

「嫌だなー。嫌だなー。」


「え?何がですか?」


保健師さん

「あーいや。喋れない子ってみんなね・・・。

 でも少しだけれど進歩してるし、違う違う。大丈夫大丈夫。」



うーん。

言わんとすることはわかります。


だって、私も気になっていることだから。

だから最初に

”この子は回るものが好きでずっと見てる”

と報告したんですけれどね^^;



さてさて


次の発達相談は8月。

それまでにことばが増えてるといいなぁ。