moroの家族と、ハントメイトと。

ぎゅっと抱きしめたい2 自閉症児こもたろ 小学生になる(単行本)

カテゴリ: こもたろ

先日のこと。買い物中に、こもたろが訴えてきた。ちょっと見せてもらったらあららららー。ちょうど薬局あるし、抗菌目薬買おっか。それで様子を見よう。そしたらみるみるうちにこりゃあかん。明日の朝イチで眼科、決定。翌朝、登校前に眼科を受診した。強い光をあてて、これ

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード4、本日更新しました!マラソン大会① 思わず笑ってしまったよろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーー隣の部屋から聞こえてくる…姉と弟の争う声。ちょっとしたことですーぐケンカにな

つづき

週末。朝ごはんのあと。こもたろ「おかあさん」こもたろは次の予定がとても気になる。この時は、朝ごはんが終わったから次のごはんが気になったんだろうね。母ちゃん「今日のお昼ごはんはどうでしょうか。こもたろ「ぼく、それすきなやつーっ」お姉ちゃんにも教えてあげよう

つづき

こもたろは小さい頃からある日。久々に買ってきた、うずまきソフト。何年ぶりかってくらい、久しぶりだ。以前はスプーンを使って食べていたのにこの日はスプーンなし、そのまま食べようとしていた。ふと、思った。このアイスはどうやって食べるんだろうなーって。ソフトクリ

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード3、本日更新しました!クッキー 全部焼くのは大変だったけど楽しかったよろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーーーーー父ちゃんの提案があった、先週。そして週末、国立科学博物館に行

つづき

こもたろ、のどが渇いた。そうだ、コーラを飲もう。出したコップは、2つ。あれ、聞こえないのかな?よびかけ?ひっかからない(笑)ひっかからなかったので、聞きに行ってた。★★★★★サブブログ、更新したよ。「ボートネックT。100センチ」↑画像クリックで記事にとぶ

つづき

先日のこと。この日のこもたろ、いつもと違う。なんていうか、すぐ不機嫌になるというか。泣かないようなところで泣いてるし。思い当たるフシは、ある。秋にある運動会。そろそろ本格的に練習が始まった。こもたろは運動会練習は、とても張り切って&楽しんでやってるそうな

つづき

昨日は2回更新しました。たくさんのコメント、ありがとうございます。「知っておいて損はないかも」こちらもぜひ。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー朝の登校時。8月のあの猛暑はどこへいったのかと思うくらい、この日はとても涼しい朝だった。風が気持ちいいーっ

つづき

こもたろが折り紙を折るそうな。見ててって言うから母ちゃん、見てた。ほうほう。こもたろ「おかあさん、人にわかりやすく説明するのも、言語の勉強になる。こもたろ「あのねー、えっとねー…そっそうきたかっこれには思わずと、言ってしまった。てっきり、“山”と“谷”の

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード3、本日更新しました!ビリでもいい 今までだったら崩れてたよろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーーーちょっと遡って、夏休みの話。こもたろは朝起きてすぐに宿題をやっていたんだけ

つづき

週末の出来事。母ちゃんが2階で洗濯物を干しているとこの足音は…おおう、どうした。何やら穏やかじゃないな。ははーん。父ちゃんと何かあったか。父ちゃん「虫とり行くって行ったでしょう」こもたろ「いかない! ひとりでいけば!?」父ちゃん「こもたろと 行きたかった

つづき

金曜日の下校時。母ちゃんが迎えに来たことに気づいて急いで身支度。元気に教室を出ていった。↑教室の外にある出入り口。金曜日。先生方のご配慮で、支援学級の子たちは持ち帰りの荷物が多い金曜日は近くの出入り口に靴を置いていいことになっているらしい。上履きは持ち帰

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード3、本日更新しました!そして運動会 感謝の気持ちは声に出すよろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーーーー夕方。こもたろ、プラモを組み立てるも難しいところがうまくいかない。母ちゃ

つづき

今日はポン太のおはなし。そろそろね、アレのことを考えておりまする。ポン太のかかりつけの動物病院。予防接種を進めているときにウチは去勢を希望していると伝えていたところ9月になったら相談しに来てって先生が言ってた。外に出さないから去勢しなくても…と思うかもし

つづき

夏休み中のこと。宿題はやったし、外は雨だし、とくにやることもなかったし…でゲームで遊びたい気持ちが爆発しちゃった、こもたろ。我が家ではゲームは時間を決めて遊ばせてる。こもたろ「このおかあさんは、にせものだ…」↑裏を返すと、ホンモノのお母さんは、ぼくが嫌が

つづき

↑このページのトップヘ