moroの家族と、ハントメイトと。

ぎゅっと抱きしめたい2 自閉症児こもたろ 小学生になる(単行本)

カテゴリ: こもたろ

放課後。小学校へ迎えに行ったら…多目的室でこもたろがバランス遊具の中に入っていた。どうやらご機嫌ナナメ?な様子。先生に何があったのか聞いてみた。こもたろが通う小学校の支援学級では各児童が利用する放課後デイと連携を取っていて利用日の情報を共有しているんだけ

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにて新しいエピソード21、本日より更新開始です!ようこそ1年生 率先してお世話してるらしいよろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーーーダイソーの立体パズル、宇宙シリーズのがあるんだけど先日、

つづき

こもたろ歌謡曲にどハマり中。聞いてるのはもっぱらofficial髭男dismか、中島みゆき。この日も、中島みゆきの曲をセレクト。「糸」の曲が終わると自動でプレイリストが選曲され次の曲が再生された。けっこー前に流行ってた曲。母ちゃんが学生のころだったかな?(調べたら197

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード20、更新しました!卒業するけど… お姉ちゃんが大好きですよろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーーーー夜、寝る前に布団に入ったこもたろ。手くびを触り、と、聞いてきた。何か裏の

つづき

先日のこと。こもたろが工作を持ち帰ってきた。ありがとうーっあ…これ…こもたろ、1年生のころビックリ箱作りにハマった時期があった。当時、ビックリ箱を持ってくるたびにというリアクションをしてあげてた。すると、こもたろは一連のルーティンっていうかビックリ箱を見

つづき

ある日のこと。あら、こもちんが珍しく「くん」呼び。ポン????しかし…この音、聞いたことある…てか、すごい知ってる音だぞイントロから入り、歌い出す、こもたろ。人工AIの真似っこやってた。こもたろクローバはまだ知らないことだらけ。今日の過去記事3つ。「こもた

つづき

週末。この日はこもちんお目当ての買い物があり母ちゃんは付添い(という名の財布)で、男2人は留守番。父ちゃんは確定申告の書類の整理、こもたろはマイクラで建築作業をしていたそうだ。(今、マンションを一所懸命作っている)ふと、父ちゃんが質問をしたらしい。父ちゃ

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード20、更新しました!リズム 機嫌がいい時にやっているよろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーー今年のバレンタインは。と、こもちん。こもちんから無言の圧力。家族間ならまだしも、小

つづき

先日のこと。学校へ迎えに行くと、先生からトイレで失敗しちゃった系???と、思いながら教室の方へ行ったらやらかしたなー、こもたろ。たしかに耳足せばなりそうですけども(笑)そして帰宅。ああ、ズボンのシミ?いいよ、いいよ。小学生は服汚してなんぼでしょ。そうなっ

つづき

月曜日のこと。あら、めずらしい。こもたろが何の休日か把握してないなんて。母ちゃん「建国記念日っていうのはこもたろ「えっ」「できた」って言ったから勘違いしちゃったか。えっと…あぁそうだっこれなら分かりやすいかなっこもたろ「おいわい、する???」そうだった。

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード20、更新しました!交流学級で食べたい② 毎週末の洗濯アイロンがけが 4年間だったのでよろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーーーーー朝起きて2階の自室からリビングに下りてきた

つづき

朝、NHKのニュース番組を観るのがこもたろの日課。新型コロナウイルス、まだまだ連日報道中。こもたろも危機意識をだいぶ強くもっている。こもたろ「お母さん、ぼくは そとにでるときはこの会話を聞いていた、こもちん。こもちん「マスクつけてても 効果ないっていう意見も

つづき

こもたろがお茶を飲んでいるとポン太がペットボトルのキャップを見つめてこの動き。これはっ盗られるっっっこもたろ「ポンたくんっ それぼくのおちゃのフタっ」間に合わなかった。ポン太、キャップで遊ぶ。たーーーーのしーーーーーいっ狩人ポン太。キャップだけど。テンシ

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード20、更新しました!交流学級で食べたい① 練習は順調よろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーー先日のこと。小学校へ迎えに行ったらなぜか教室の前にこもたろの着替えが。それを拾い、

つづき

ちょっと前の話。小学校で調理実習があった。5年生なので作ったのはご飯とみそ汁。こもたろはだしを担当したらしい。その日の夕方。うん?こもたろ「がっこうでつくったので ぼく、できます!」調理実習での経験が料理への自信にひとつつながった。というわけでレッツ豆腐

つづき

↑このページのトップヘ