moroの家族と、ハントメイトと。

ぎゅっと抱きしめたい2 自閉症児こもたろ 小学生になる(単行本)

カテゴリ: こもたろ

こもちんとこもたろで言葉遊び。お題を出して逆さまに言えるかっていうので遊んでた。こもちん「すごくね!?」こもちん「お父さんもお題、出してみてー」父ちゃん「おお…」父ちゃん「ではこれはどうだっ」んぅかつさ…まぁ、こもたろは「ん」から始まる言葉は初めてでうま

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード7、本日更新しました!帰宅 そんなに見たかったのかよろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーまた年末に遡っちゃうんだけど実家に帰省している時、やらなきゃいけないことがあって徹夜で

つづき

ある日の子どもたちが大好きなショートケーキ。食べ盛り育ち盛りなこもちんはこれをペロリとたいらげ足りなかったようだ。すると、こもちん「やったーっ こもたろ、ありがとうー!!」こもたろの勘違い。だと思ったらしい。堂々と「器が小さいからなー!」って(笑)★★★

つづき

こもたろ学校から帰宅して手洗い、うがい。みんな、ちょっと手元に注目してもらってもいい?これ。めっちゃ濡れてる。そういえば、療育園にいたとき濡れることをすごく怖がる子がいた。ちょっと水がはねただけで怖くて怖くて着替えしないと落ち着かない。たぶん、こういう子

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード7、本日更新しました!交渉術 お姉ちゃんを引き合いに出すあたりがよろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーーーーーこもたろのお気入りのパジャマが2着ある。1着はそしてもう1着はそ

つづき

好きなことに関しては情報収集に余念がない、こもたろ。こもたろ「ふむふむ…」母ちゃん「画像?」こもたろ「そう、がぞう」グルグルって…あーーーーっこれか!グーグルだったりググるだったり言うからこもたろの中でグルグルになったのかもしれない。もうグルグルにしちゃ

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード7、本日更新しました!憧れ? 一皮むけるといいですね(違う)よろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーーー夜、就寝時間10分前。こもたろ「ねるまえに、ちょっとだけ」こもたろ「あそ

つづき

こもたろ、父ちゃんとお風呂。パジャマを置きに行ったら二人の会話が聞こえてきた。どうやら、宇宙について盛り上がっているよう。父ちゃんから、こんな質問。こもたろ「えっとねー…」こもたろの記憶力にたびたび驚かされる。しかしこれ、よく勘違いされるので書くけど天才

つづき

実家に帰った時の爺ちゃんとの会話。こもたろは爺ちゃんに宇宙の話をしていてその話から地球の話に発展。地球の未来的なことで盛り上がっていた。爺ちゃん「地球に輪、かぁ」いつもの。爺ちゃん「地球に輪ができたら…」そういうの通用しないんだからもうやめとけって思いま

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード7、本日更新しました!小さな水族館 全然見足りないよろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーーゲームで遊ぶがうまくいかない、こもたろ。言い方にもよるけど…なるべくやめたほうがいい

つづき

両親と話をしていると、どうも過去話で盛り上がる。流れで、こもたろの幼少期の話になった。感覚過敏のせいだと思うけど抱っこを嫌がった幼少期。母にしがみつくようなそぶりはあの子にはなかったんだよね。そんでもって危なっかしいったらない。抱っこするだけでほんと疲れ

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード7、本日更新しました!無言のアピール いじらしいよろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーー帰省中の話だよ。年末。大晦日。大晦日といえば、子どもの楽しみな日。年に一回だけ、いつまで

つづき

実家帰省中のこと。婆ちゃん「買い出しに行かなくちゃ」婆ちゃんは爺ちゃんのことを「お父さん」と呼ぶ。その他の用事で爺ちゃんを呼ぶ時。このやりとりをずっと見ていた、こもたろ。こもたろの中で確信したのか、こんなことを言った。え…嘘だろ。どう見たって親子じゃない

つづき

年末。爺ちゃんの提案で舞鶴にある市場に行くことになった。雪ーーーーーーっ※助手席の父ちゃんが撮影子どもたちは大はしゃぎ。この後高速道路にのって走っていたら途中でチェーン規制。一度インターで下ろされ(出口は通過せず)冬用タイヤ(orチェーン装備)かどうかのチ

つづき

こもちんとケンカ。いつものごとく、言い負かされる。この日は、ひとりで葛藤していた。こんなやりとりを何度か繰り返してた。さて、別の日。母ちゃんに注意をされた、こもたろ。カーッと感情が高ぶってしまいと言って、その場から離れた。そして部屋の端っこでこれは…前に

つづき

↑このページのトップヘ