「moroの家族と、ハンドメイドと。」moroオフィシャルブログ

ぎゅっと抱きしめたい2 自閉症児こもたろ 小学生になる(単行本)

カテゴリ: こもたろ

こもたろ先生と買い物に行く時は2時間は見積もらないといけません。まず、朝イチで開店と同時に入店すること。じゃないと、アレに乗れない可能性が高いから。アレというのは・・・このカートに乗れない場合殿、ご乱心。他のカート(普通の形の)は一切乗ってくれません。乗

つづき

こもたろ先生の積み木。ちょっと面倒な儀式があります。積み上げるのが、最後の1つになったら・・・一度遠くへ離れてから、両足をピンと伸ばして、歩いて近づく。積み木のそばまできたらこもろor母の手を握ってやっと、最後の積み木を積む。という、一連の動作を何度も何度

つづき

こもたろ先生がくれよんを箱ごと持ってきた時。ドキドキ。箱を開けてあげるのは不正解。因みに・・・

つづき

扉に限らず引き出しだろうが何だろうが手当たり次第に容赦なく閉めていく。窓は開いておりませんが・・・?( ・д・)部屋がね暗いんすよヽ(;´Д`)ノ

つづき

moroですー。先日、こもたろの体調不良を記事にしましたがまんまとうつされこもろ&私で共倒れてました金曜日の記事は水曜日の時点で未来日記を書いて保存しておいたのですが実際の金曜日という日は、まぁひどい有様でした週末は地元の秋祭りだったのにーっ!!食い倒れ、楽

つづき

我が家の長男坊、こもたろは自閉症です。3歳3ヶ月になりますが意味のある言葉をまだ喋りません。さて最近のこもたろ先生の口癖。「うぃー、あぢだ!」これ、次の画のような流れで喋ります。それでは、どうぞ~^^2回目以降は顔の筋肉全体を使って、一語一語めっちゃ本気

つづき

日曜日の話ですが・・・時間はAM2:30。ケホケホと咳込んでいたこもたろ先生。咳の音に飛び起きた私。そして吐く前、必ずと言っていいほど咳込むんですよね^^;この後が大変で、こんな調子で1時間に2~3回のペースで吐き続けました。もう出るのは透明の液体。胃液?

つづき

我が家の長男坊、こもたろは自閉症です。よく、独りごとを言っています。なんのこっちゃわからん(;´▽`A``それらしい言葉は、たまに言うのですが定着しません。ちょっと前はよく言ってたけれど数日したら一切言わなくなったり(それもオウム返しの延長だったりする)場面

つづき

こもたろ先生は足を上にあげるまでは壁をつたっていたようですけど。ここまでとは(゚Д゚;)いや、朝っぱらから何やってんの・・・って話なんですけどね。

つづき

ぷぷぷ。寝相が赤ちゃんの三歳。気付いたら、18時くらいに寝ちゃってた。 うーん。その頃は、夕飯の支度をしていたのでこもたろってば本当に元気。昼寝なんてしちゃったら、 早くて23時就寝。 夜中の1時とか2時まで起きてるなんてザラ。 (だから普段、昼寝をさせな

つづき

こわーいこわーいこわいものー。こもたろ先生には、視覚的に怖いものがあります。まずはNHK教育テレビ「ざわざわ森のがんこちゃん」よりお話の中で、がんこちゃんが作ったモノ。何故か・・・このてるてる坊主を見ただけで悲鳴をあげて、ソファの後ろに逃げる(;´▽`A``

つづき

9月15日。この日は、気合で乗り切ろーっ我が家の長男、こもたろは自閉症児です。お姉ちゃんの参観&保護者会。うまく過ごすことが出来るか私にとっても、こもたろにとっても、緊張の日。事前に、担任の先生にはこもたろのことをお話しておきました。当日、こもたろ先生が

つづき

我が家の長男、こもたろは自閉症です。午前中のこと。この時の、こもたろ先生はたらたら。何故不満か。それはですね、先生はココアが飲みたかったのです。ココアの美味しさを知ってしまった、こもたろ先生。でも、コップの中身はお茶。麦茶がなみなみと入っています。ココア

つづき

今日は海に行ったときのお話。我が家の長男坊、こもたろは自閉症です。こもたろは、海に入る(体全部)まで3年かかりました。1歳のとき。海岸で砂遊びまでが限界。それ以上先へ連れて行こうとすると凄まじい泣き方だったので、そこまでにしていました。砂を握っては、サラ

つづき

↑このページのトップヘ

×