「moroの家族と、ハンドメイドと。」moroオフィシャルブログ

ぎゅっと抱きしめたい2 自閉症児こもたろ 小学生になる(単行本)

カテゴリ: こもたろ

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにて新エピソード23、本日より更新開始です!自分で気づく そこまで言う?よろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーーー昨日はこもちんの休校からくる心的ストレスを描いたけど 今日はこもたろ。こも

つづき

先日。こもたろが毛布にくるまって大泣きしていた。ここまで泣くとは。一体何があったのか聞いてみると…こもちん、この時ちょっと機嫌がよろしくなく動画を見ていたこもたろに「動画を見るのをやめなさい」とあたってしまったようす。こもたろも反論したけれど「お母さんが

つづき

こもたろ、すっかり家族同然になっちゃってるAIスピーカーに質問。ある日のこと。こもたろ、あるある。すでに知ってることなのにあえて聞く。何度でも聞く。曲名の方が出ちゃった。こもたろ、聞きなおす。また曲名。困惑する、こもたろ。Clovaさん、AIだし。こもたろ「なんと

つづき

ある日のこと。こもちんが時間を聞いてきた。ちょっと見てくる。こもたろ「え?」いやいや、こもたろ「それはそうだけど…まぁ、正確には3時55分だけどね。まだ“3時”◯◯分なのに「4時」と言うのが納得いかないらしい。ん~~~でもさ、だいたいもう4時ーっとか、そ

つづき

夜。就寝時間になったのでこもたろに声掛け。こもたろ「うん、そうなんだけど」ここんとこ寝付きが悪い。外にも出られないし身体を動かすにも限りがあるしまぁ緊急事態宣言の最中、みんなもそうだと思うんだけども。母ちゃん「布団に入るだけはしておこう」このやりとりを横

つづき

ポン太弾丸でスープをこぼした件。 今日はこもたろの方の話。スープが散乱しそのまま動かない、こもたろ。衣服の濡れや汚れには無頓着すぎる、こもたろ。自閉っ子の中には一滴水に濡れただけで不安になって着替えたがる子もいるよ。こもたろはその逆。もうちょっと気にしてほ

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード22、更新しました!切り替わりがすごい 肩が震えるよろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーースッキリしない天気が続いてたけど昨日はようやく晴天。きっもちいい!猫にも天気って関係

つづき

春休みが終わり、緊急事態宣言を受けて再びの休校中。またお家時間割りの再開だ。先日の体育の時間は…カウントしてる声。こもたろか。なーにやってんだ?ひとりで筋トレ?ストレッチ?をやっていた。こもたろ「つ、つかれた…」「でもまだだっ まだちょっとしか 時間がた

つづき

ある日の午後。ソファにポンタ。やぶけた(ポン太とこもたろ合作)穴にもぞもぞと入ろうとするポン太。そこへこもたろがやってきた。動画視聴の許可が出たのでウキウキだ。奥へ進むポン太。そして行き止まり。ポン太「なんでや?」確認のため穴から出るポン太。「何かうごい

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード22、更新しました!子どもがつらいと親もつらい 障害児母あるあるよろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーーーーーこもたろと猫と犬。じっと静かに佇んでいるかと思いきや突然のご機嫌

つづき

ある日のこと。母ちゃん「いいけど…まだ大丈夫だっけ?このやりとりを横で聞いていた、こもたろと、言った。「5月7日」「5月なのか」珍しい発言に驚いてしまってすっかり反応できなかった、母ちゃんとこもちん。ノーリアクションでいたら「穴があったら入りたい」ごめん

つづき

こもたろ、最近特にポン太が可愛いみたいで積極的に関わろうとしてる。抱っこするけど心もとない。こもたろ「お母さん、みてーっ」あらー。あらーーーー。この後、ポン太はご機嫌ナナメに。こもちんをはたいていた。こもちん「ポン太…私ばっかり…こもちん「親しい家族でい

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード22、更新しました!そこまでがひとつのイベントですから 家に帰るまでが遠足みたいなよろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー※イラストの表現上マスクをしてませんが 

つづき

新型コロナで休校。慌ただしさの中、いつの間にか4月。県内の一部地域を除く小中学校は通常通り学校が再開される。先日、学校から学校再開のお知らせメールがきた。母ちゃん「始業式は校内放送なんだって。で、ちょっとー。大丈夫ー?こっちもか。そう、今、もう6年生。こ

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード22、更新しました!意識がその時にとぶ それがわかるお姉ちゃんさすがよろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーーーーある日の朝。うつぶせになったまま、掛け布団だけ、どかすこもたろ

つづき

↑このページのトップヘ

×