moroの家族と、ハントメイトと。

ぎゅっと抱きしめたい2 自閉症児こもたろ 小学生になる(単行本)

カテゴリ: こもたろ

お風呂でのお話。こもたろ先生は一定時間、肩まで浸かるのがあんまり好きではありません。毎度毎度の大暴れ。NHK教育”みいつけた!”より「ちゃっぽん節」この歌、合いの手が入ります。「ちゃっぽん節」はこもろ姉ちゃんも大好き。この歌をうたうとこもろが合いの手を入

つづき

こもたろ先生は気分が乗らない限り、自立して食べてくれません。恐らく、自分の思う通りに口へ運べない、スプーンが思うように動かせない等があると思います。(大口開けているのですが、ほっぺに当たったりしてます。 印象としては、1歳児の食べ方(上の子と比較))ちょ

つづき

療育の園にて・・・園内の公園へ出ると、砂場へGO!のこもたろ。↑砂遊びセットを借りて、急いで追いかける母。ソレはある日突然、起こった。砂が付いたままでも、お構いなしのこもたろ先生。本当に突然。この日から毎回やるようになってしまいました。まず最初に、顔を砂に

つづき

トーマス好きはある日、突然って感じです。ウチにも、トーマスグッズなんて無いのになぁ・・・。こもたろを見ていてなんとなく気付く点と言えば、キャラクターの「目」。こもたろって、目にちょっと特別な見方をしているようなんですよね。愛嬌のある感じで、キョロキョロっ

つづき

先日は療育の園にて11月のお誕生日を祝う会。3クラス合同の日で月に一回、開かれます。お誕生日を祝う会ではこのようにお誕生月のお友達が、中央にセッティングされたイスに座ります。イス=座るものということがインプットされているこもたろ先生。しかし、こもたろの誕

つづき

療育の園に来てから、すること。まず、お着替えをして出席ノートにシールを貼ってお友達がみんな揃うまで、オモチャで遊んだら園内にある、公園で遊ぶ。決まった時間、公園で遊んだ後は日によって組まれた内容の療育遊びをします。公園・・・この公園の砂場で遊ぶのがこもた

つづき

我が家の長男坊、こもたろ(3歳)は自閉症です。睡眠障害の気があるので家ではなるべく昼寝をさせないようにしています。ある日のこと。こもたろを寝かすわけにはいかん。いつもやられてる”アレ”今度はこちらがやってやる番・・・。朝の恨みを晴らす時がきたのだ。ほーれ

つづき

我が家の長男坊、こもたろは自閉症です。医師に”自閉症”と言われたのは、今年の6月下旬。7月~8月は体験で月2日でしたが9月に入ってから、本格的に週2日療育の園に通っています。(幼稚園や保育園とは違います)最初の頃はね・・・↑親子体操の時間。人見知りならぬ

つづき

お風呂タイムでのひとコマ。子供たちの身体を洗い終わってさあて、最後は私の番。アンタ、ついさっきまでお風呂に浸かってたよね・・・。いつの間に出てきたんだい?そして何故そこにいる?(-Д-)立ちあがって洗えばいいんだ、と後で気付きました。

つづき

こもたろ先生と買い物に行く時は2時間は見積もらないといけません。まず、朝イチで開店と同時に入店すること。じゃないと、アレに乗れない可能性が高いから。アレというのは・・・このカートに乗れない場合殿、ご乱心。他のカート(普通の形の)は一切乗ってくれません。乗

つづき

こもたろ先生の積み木。ちょっと面倒な儀式があります。積み上げるのが、最後の1つになったら・・・一度遠くへ離れてから、両足をピンと伸ばして、歩いて近づく。積み木のそばまできたらこもろor母の手を握ってやっと、最後の積み木を積む。という、一連の動作を何度も何度

つづき

こもたろ先生がくれよんを箱ごと持ってきた時。ドキドキ。箱を開けてあげるのは不正解。因みに・・・

つづき

扉に限らず引き出しだろうが何だろうが手当たり次第に容赦なく閉めていく。窓は開いておりませんが・・・?( ・д・)部屋がね暗いんすよヽ(;´Д`)ノ

つづき

↑このページのトップヘ