moroの家族と、ハントメイトと。

ぎゅっと抱きしめたい2 自閉症児こもたろ 小学生になる(単行本)

カテゴリ: こもたろ

こもたろ先生は「となりのトトロ」が大好き。そんなに頻繁に見せているわけではないのですが・・・おおお覚えてやがる(;´Д`)ノまだ発音はハッキリしませんが・・・。この覚えた台詞はひとりごとでも言っています。生活面でも応用できればいいんですが・・・。それが難しい

つづき

先週は、保育プールがありました。見慣れないドアの前でかたくなに拒否する、こもたろ先生。もう何されるのか分からない状態。とりあえず入りましょ。プールを見たら、分かるかも。見慣れない部屋に入らされたもんだから大パニック。一度、プールを見せに行くも大混乱のこも

つづき

ちょっと前までは・・・と、こもろが声を掛けてもこもたろワールド全開。こんな状態なので家では、こもろはいつも母ちゃんと遊んでいました。しかしこもたろの世界が広がってきた、ここ数ヶ月では母訳:「あーそーぼー。」こもろの真似をして遊ぶのが大好き。何ていうかねす

つづき

今日はたろ先生の”おむつ換え”のお話。そうそう。たろくん、エライね~。(コヨーは余計だけど^^;)「おむつ、換えます。」たろくーん。足、あげます。しゃーねーな(;´Д`) さて、次は・・・はい、また「くいくい」(;´▽`A``ランキングに参加しています。  1ポチ

つづき

↑人参・・・大事そうに持ってます(;´▽`A``なんだなんだ。また新しいのが始まったぞ・・・ヽ(;´Д`)ノおお。大正解。答えは、いないいないばあ!の中で出てくる曲「だいこんどですか」みたいです。母ちゃん、わからなかったよランキングに参加しています。  1ポチで

つづき

週末、時々ですがこもたろの母子分離トレーニングと称して私だけ、買出しに行きます。出かける時間は、1時間ほど。子供達はパパにお任せです。母ちゃんが帰宅した途端、何故か攻撃される父。最近、いつもこんな。どっちも報われてねぇ・・・・°・(ノД`)・°・ランキング

つづき

ある雨の日。お?なんだなんだ? クレーンで連れて行かれた先は、玄関。「公園に行きたい」要求。そう、あめ。お外を見よう。※玄関のドアを開けて見せると 外に出られると期待してしまうので、窓から。それでも「公園に行きます。」クレーンを続けるこもたろ先生。母、首を

つづき

最初に言っておきます。「下ネタです。 ごめんなさい。」今日はお風呂のお話。「まず風呂場にきたら、湯船に入る前に全身を洗う。」これは、こもたろの決まりになっています。母ちゃん、寒さに震えながらまずたろさんを洗います。銭湯や温泉なんかに行くと洗ってから入るの

つづき

こもたろ先生のこの行動。腹が減ったときにおわんを持って立っている。それは、まさに我が家では「こもたろ托鉢」と呼んでいます。母ちゃんは、あえて知らんぷり。知らんぷり。やっと・・・クレーンじゃない要求が出てきたところなので(といっても、今は”こもたろ托鉢”以

つづき

療育園をお休みして小児神経科へ行ってきました。(小児神経科へは、4ヶ月に1度通っています。)話すことは、前々から決めていました。それは・・・先生「はい、反復行動ね。こもたろ君もよくやるの?」moro「成長するにつれ、多くなってきているのですが・・・ 虫のよう

つづき

2月に入ってすぐの療育園にて。 わーお。久しぶりの「数えてみよう♪」だぁー^^ こもたろも、思わず震えるほど喜んだ。母訳:「はやく、はやく~」かっぞえってみ~よ~う♪きゃあ~(^▽^;)虫バージョンじゃなくって、乗り物バージョンでした~。 虫バージョンしか覚えて

つづき

皆さん、お見舞いのお言葉本当にありがとうございます。お陰さまで、元気になりました。ただ今大流行中のインフルエンザ。私も感染しました。久しぶりの39度の発熱。とにかく悪寒がすごくてすごくて。そして、こもたろが恐ろしくて恐ろしくて・・・。顔面でバランス。障害

つづき

母ちゃん、先週から風邪をひいてます。風邪菌はこもろ → こもたろ → 母ちゃんと順番に。今回の風邪は、咳と痰がハンパねぇっす。最近のこもたろ先生、人のマネばっかり。母ちゃんが「カーーーーッ」ってやるとこもたろも「かーーーーっ」。しかし、あんまりマネしすぎ

つづき

我が家の長男坊、こもたろは自閉症です。こもたろ先生の決まった儀式の中でこんなものがあります。お茶を飲む時・・・ひと口分だけ溢してプチパニック。これは家庭だけかと思いきや療育園のお茶タイムでもやります。ある日・・・療育園のM先生。M先生「お母さん心当たりある

つづき

ここ最近のブログを見て気付いてくださってる方もいるかもですがこもたろ先生今年に入った辺りから、急に言葉が出はじめました。今年の俺は違うぜ!まぁ、オウム返しが主なのですが・・・「コヨコヨ」しか言わなかったこもたろ先生にしたらそれでもすごいよね。いつも惜しい

つづき

↑このページのトップヘ