moroの家族と、ハントメイトと。

ぎゅっと抱きしめたい2 自閉症児こもたろ 小学生になる(単行本)

カテゴリ: こもたろ

我が家の長男、こもたろは自閉症です。午前中のこと。この時の、こもたろ先生はたらたら。何故不満か。それはですね、先生はココアが飲みたかったのです。ココアの美味しさを知ってしまった、こもたろ先生。でも、コップの中身はお茶。麦茶がなみなみと入っています。ココア

つづき

今日は海に行ったときのお話。我が家の長男坊、こもたろは自閉症です。こもたろは、海に入る(体全部)まで3年かかりました。1歳のとき。海岸で砂遊びまでが限界。それ以上先へ連れて行こうとすると凄まじい泣き方だったので、そこまでにしていました。砂を握っては、サラ

つづき

moroの夏休み。妹一家は3泊し、帰っていきました。さて、今日は大阪のお友達と会った時の話。この日は「枚方パークで遊ぼう」、ということになりこもろもワクワク♪遊園地デーです。約束の時間より1時間前に到着してしまったのでパーク前にあるお店、西松屋で時間を潰して

つづき

8月7日、兵庫県の実家へ。こもろは兵庫のじいちゃん、ばあちゃんが大好き朝早く起きて、千葉を出発~夕方に着く予定でしたが休憩したり、渋滞にハマったりで夜に到着となってしまいました。いやぁ、疲れた着いて早々車の荷物を実家に運びます。その頃、こもたろ先生は・・

つづき

今日は病気のこと。川崎病って言うと神奈川県川崎市の公害病だと思われる方もいるかと思いますが川崎市は関係ありません。川崎冨作先生という方が発見したので、この名がつきました。4歳児以下の乳幼児にみられる原因不明の病気。全身の血管が炎症を起こす病気です。こもた

つづき

先日のお話。S&Eくん宅にお呼ばれしHくんママと遊びに行った時のこと。この日、集まったお友達はSくん(兄)、Eくん(弟)Hくんこもろ、こもたろ。計5名。こもたろ以外の男の子たちはお庭のプールで庭遊び。こもろは、リビング続きのお部屋でお絵描き。ママ達は・・・ お喋

つづき

ほっぺに溜めるのは、牛乳に限らず飲み物全部です。どんなに喉が渇いていても一度ほっぺに溜めてから飲みます。なんで???・・・でも、健康には良いかも?(;´▽`A``お茶とかならいいけど牛乳はヤメてヽ(;´Д`)ノ

つづき

自閉症の子は大きな音、騒音系が苦手。私たちが平気な音にもドキっとして、強い恐怖や緊張に襲われます。例えば ゴーっという騒音が苦手。中でもと・く・に嫌いとする音があります。いつもタオル持参で、ジェットタオルは使わないようにしているのですがこもろは好奇心旺盛。

つづき

見ただけで分かるウキウキさ。集中すると、ベロが出ちゃうんです。全部ひとまとめにしてはザラーっと落としコロコロ転がして、並べる。この行動を何度もずっと繰り返す。これを機に我が家では「こもたろ占い」という名が付いた。

つづき

昨日、我が家を騒がせた床に落ちているのをこもろが発見。「なんじゃこりゃ?ヽ((◎д◎ ))ゝ」ミルキー・・・ミルキー?ハッΣ(゚д゚;)そう言えば・・・昼にコンビニで買ったミルキー、冷蔵庫にしまった。確かにしまった。それを持ち出したヤツがいる。犯人は・・・・こもろ

つづき

さて予告通り、3年前のこもたろのお話です。2人目ということもあり出産へ向けて、前より余裕こいてました。  次はこんな感じになるかなぁ~なんて、ちょっとワクワクしていたり。分娩室で一致団結して、感動のお産~とか夢を描いていた。 陣痛パネェ。  お腹には、陣

つづき

こもたろ先生が最近ハマっていること。それは・・・↑マーブルチョコみたいなビーズね。「ビーズで遊びたい」と訴えるので渡すと、小さい手の中に、めいっぱいビーズを握りしめえっこらえっこら、どこかへ消えていく。そして、部屋のあちこちでこもたろ先生の作品を発見する

つづき

moroです。日に日に、このブログを読んでくださる方が増えています。いつも、本当にありがとうございます。さて本日、こもたろは3歳になりました。3年前の今、この時間はまだ陣痛で悶絶していた頃・・・あの時はまさか自閉症の子が生まれるなんて思いもしなかった。普通に

つづき

こもたろ先生は偏食が激しいです。(好き嫌いの範疇を超えています。 どんなに空腹でも、食べないものは食べません。)こもたろ先生が好んで食べるもの。白米うどんそうめん牛乳豆腐ちりめんじゃこ白身魚バニラアイス・・・・気づきました?そうです。白いものしか食べませ

つづき

味も好きなんだろうけれど何よりこの小粒感 しかも全部同じ形サイコーッ!こもたろからしたら、こんな感じかしら。いつものように袋を開けて、あげました。なんじゃあ、こりゃあ (゚Д゚)パニック。そして・・・自傷行為。うーーーん?いつもは袋を持って、食べだすのに・・

つづき

↑このページのトップヘ