moroの家族と、ハントメイトと。

ぎゅっと抱きしめたい2 自閉症児こもたろ 小学生になる(単行本)

カテゴリ: こもたろ

先日のお話。S&Eくん宅にお呼ばれしHくんママと遊びに行った時のこと。この日、集まったお友達はSくん(兄)、Eくん(弟)Hくんこもろ、こもたろ。計5名。こもたろ以外の男の子たちはお庭のプールで庭遊び。こもろは、リビング続きのお部屋でお絵描き。ママ達は・・・ お喋

つづき

ほっぺに溜めるのは、牛乳に限らず飲み物全部です。どんなに喉が渇いていても一度ほっぺに溜めてから飲みます。なんで???・・・でも、健康には良いかも?(;´▽`A``お茶とかならいいけど牛乳はヤメてヽ(;´Д`)ノ

つづき

自閉症の子は大きな音、騒音系が苦手。私たちが平気な音にもドキっとして、強い恐怖や緊張に襲われます。例えば ゴーっという騒音が苦手。中でもと・く・に嫌いとする音があります。いつもタオル持参で、ジェットタオルは使わないようにしているのですがこもろは好奇心旺盛。

つづき

見ただけで分かるウキウキさ。集中すると、ベロが出ちゃうんです。全部ひとまとめにしてはザラーっと落としコロコロ転がして、並べる。この行動を何度もずっと繰り返す。これを機に我が家では「こもたろ占い」という名が付いた。

つづき

昨日、我が家を騒がせた床に落ちているのをこもろが発見。「なんじゃこりゃ?ヽ((◎д◎ ))ゝ」ミルキー・・・ミルキー?ハッΣ(゚д゚;)そう言えば・・・昼にコンビニで買ったミルキー、冷蔵庫にしまった。確かにしまった。それを持ち出したヤツがいる。犯人は・・・・こもろ

つづき

さて予告通り、3年前のこもたろのお話です。2人目ということもあり出産へ向けて、前より余裕こいてました。  次はこんな感じになるかなぁ~なんて、ちょっとワクワクしていたり。分娩室で一致団結して、感動のお産~とか夢を描いていた。 陣痛パネェ。  お腹には、陣

つづき

こもたろ先生が最近ハマっていること。それは・・・↑マーブルチョコみたいなビーズね。「ビーズで遊びたい」と訴えるので渡すと、小さい手の中に、めいっぱいビーズを握りしめえっこらえっこら、どこかへ消えていく。そして、部屋のあちこちでこもたろ先生の作品を発見する

つづき

moroです。日に日に、このブログを読んでくださる方が増えています。いつも、本当にありがとうございます。さて本日、こもたろは3歳になりました。3年前の今、この時間はまだ陣痛で悶絶していた頃・・・あの時はまさか自閉症の子が生まれるなんて思いもしなかった。普通に

つづき

こもたろ先生は偏食が激しいです。(好き嫌いの範疇を超えています。 どんなに空腹でも、食べないものは食べません。)こもたろ先生が好んで食べるもの。白米うどんそうめん牛乳豆腐ちりめんじゃこ白身魚バニラアイス・・・・気づきました?そうです。白いものしか食べませ

つづき

味も好きなんだろうけれど何よりこの小粒感 しかも全部同じ形サイコーッ!こもたろからしたら、こんな感じかしら。いつものように袋を開けて、あげました。なんじゃあ、こりゃあ (゚Д゚)パニック。そして・・・自傷行為。うーーーん?いつもは袋を持って、食べだすのに・・

つづき

moroです。今日はすっごく良いお天気ですねー。ジリジリ太陽、嫌いじゃないです。晴れってだけで、元気が出ます。さて、我が家のこもたろ先生1歳の頃から目線?目つき?ってものがちょっと気になっていました。例えば・・・やけに接近してきたり(今の所、私だけにしかやり

つづき

先日、こもたろは自閉症だと言われたわけですが次の診察までにこれのチェックをしておくよう、言われています。赤ちゃん時代から遡って発達項目をチェックしていく。出来ることには○出来ないことには×どちらともいえない又は、前は出来たけれど今は出来なくなった、という

つづき

moroです。昨日の記事にも書きましたが・・・こもろがなったのが6月2日。こもたろ先生は土曜日の夕方~。(病院やってないから、診察は月曜日でしたが)潜伏期間、意外と長かった。こもたろ先生の体系はといいますと標準な幼児体系。なんだけど、今、顔がパンパン状態。顔

つづき

こもたろもおたふく発症しましたーっとりあえず、病院、疲れました・・・。他の子へうつさないようずっと抱っこしてたからなんですけれど・・・キッズスペースで遊びたいから、暴れまくりなこもたろ。「今日は遊ばせるわけにはいかんっ!」と暴れる14kgを抱え、部屋の隅っ

つづき

更新が滞ってしまい・・・楽しみにしてくださっている方には大変失礼いたしました。今週に入ってからちょっと色々動きがありまして調べ物だったり、気分的なものだったりで更新できませんでした。ハッキリしたので、公表します。隠していても仕方のないことだしね。こもたろ

つづき

↑このページのトップヘ