moroの家族と、ハントメイトと。

ぎゅっと抱きしめたい2 自閉症児こもたろ 小学生になる(単行本)

カテゴリ: こもたろ

こもたろ先生が最近ハマっていること。それは・・・↑マーブルチョコみたいなビーズね。「ビーズで遊びたい」と訴えるので渡すと、小さい手の中に、めいっぱいビーズを握りしめえっこらえっこら、どこかへ消えていく。そして、部屋のあちこちでこもたろ先生の作品を発見する

つづき

moroです。日に日に、このブログを読んでくださる方が増えています。いつも、本当にありがとうございます。さて本日、こもたろは3歳になりました。3年前の今、この時間はまだ陣痛で悶絶していた頃・・・あの時はまさか自閉症の子が生まれるなんて思いもしなかった。普通に

つづき

こもたろ先生は偏食が激しいです。(好き嫌いの範疇を超えています。 どんなに空腹でも、食べないものは食べません。)こもたろ先生が好んで食べるもの。白米うどんそうめん牛乳豆腐ちりめんじゃこ白身魚バニラアイス・・・・気づきました?そうです。白いものしか食べませ

つづき

味も好きなんだろうけれど何よりこの小粒感 しかも全部同じ形サイコーッ!こもたろからしたら、こんな感じかしら。いつものように袋を開けて、あげました。なんじゃあ、こりゃあ (゚Д゚)パニック。そして・・・自傷行為。うーーーん?いつもは袋を持って、食べだすのに・・

つづき

moroです。今日はすっごく良いお天気ですねー。ジリジリ太陽、嫌いじゃないです。晴れってだけで、元気が出ます。さて、我が家のこもたろ先生1歳の頃から目線?目つき?ってものがちょっと気になっていました。例えば・・・やけに接近してきたり(今の所、私だけにしかやり

つづき

先日、こもたろは自閉症だと言われたわけですが次の診察までにこれのチェックをしておくよう、言われています。赤ちゃん時代から遡って発達項目をチェックしていく。出来ることには○出来ないことには×どちらともいえない又は、前は出来たけれど今は出来なくなった、という

つづき

moroです。昨日の記事にも書きましたが・・・こもろがなったのが6月2日。こもたろ先生は土曜日の夕方~。(病院やってないから、診察は月曜日でしたが)潜伏期間、意外と長かった。こもたろ先生の体系はといいますと標準な幼児体系。なんだけど、今、顔がパンパン状態。顔

つづき

こもたろもおたふく発症しましたーっとりあえず、病院、疲れました・・・。他の子へうつさないようずっと抱っこしてたからなんですけれど・・・キッズスペースで遊びたいから、暴れまくりなこもたろ。「今日は遊ばせるわけにはいかんっ!」と暴れる14kgを抱え、部屋の隅っ

つづき

更新が滞ってしまい・・・楽しみにしてくださっている方には大変失礼いたしました。今週に入ってからちょっと色々動きがありまして調べ物だったり、気分的なものだったりで更新できませんでした。ハッキリしたので、公表します。隠していても仕方のないことだしね。こもたろ

つづき

おかげさまで・・・ちょっと腫れてる・・・?くらいに。もう痛みもないそうなので来週から、幼稚園に復帰です。完全に腫れがひいてからって言われてるから、今週いっぱいは休ませますー。咳はまだ出てるしね。来週のじゃがいも堀りには間に合いそうよかったねー、こもちん。

つづき

おはようございます。早速ですが私、moroは風邪をひきました・・・。咳は出るし。体調悪くて、ハンドメイドが進みません。なぜかと言うと夜、寝ている時にですね、        ↓        ↓コレよ、コレ。こもたろ先生は、布団を掛けて寝るのがお嫌い。(スリー

つづき

moroですいきなりですが私、いまいち文章能力に乏しくてですね、いつも長文になってしまって自分でも読みにくいなぁ~と感じていたのです。そこで、先日別のサイトで、チラっと殴り描きのイラストを描いてみたらば意外に「分かりやすい~」という反応を頂きましてじゃあちゃ

つづき

moroです。今、こもたろのことで色々動いています^^6月中旬頃になったら正式にハッキリするのかな。それまでに色々とやっておきたいことがあって、それでちょっと忙しくしています。なんか曖昧な表現ですみませんハッキリしたらご報告しますね。こもたろ、今日もひたすら

つづき

moroです。本日は午前中に、こもたろのことばの発達相談に行ってました。ことばの発達相談・・・4ヶ月に1回。 保健師さんと1時間ほどお話をしながら 今後の子供への接し方を決めていくもの。ことばの発達教室・・・毎月1回。 ことばが遅い子達が集まって みんなで遊び

つづき

今日は”ことばの発達親子教室”でした~(市で行っている教室です^^言葉の遅いこもたろが通ってるの)こもたろは教室内で最年少。まだまだ人の話をじっと聞くということは出来ず(先生は「この年頃はみんなそうよ」と慰めて仰ってくださいますが)母が困ってしまうほど、

つづき

↑このページのトップヘ