moroの家族と、ハントメイトと。

ぎゅっと抱きしめたい2 自閉症児こもたろ 小学生になる(単行本)

カテゴリ: こもたろ

最近ハマってるてんとうむしの歌つながりでてんとう虫の図鑑が大好きなこもたろ先生。こもたろ先生が本を見るとき。前より歌が上手になりました。うでしいはだし♪たのしいはだし♪しっしっしー。しーずーかーにーきーましょー♪歌をうたい終わると・・・まずはタイトルから

つづき

最初は見向きもしなかったんですケドね・・・。きっかけは、こもろ「いいから食べてごらんってー。」こもたろは、食べもので衝撃を受けるとブルブルッと震えます。美味しい衝撃も、マズイ衝撃も。チョコレートにハマった瞬間でした。チョコレートの美味しさ。それはそれはハ

つづき

4月24日は言語指導の日でした。療育園の登園時間が始まる前、まだ誰も来ていない園で行われました。2回目ということもありこもたろは言語の先生や指導部屋に恐怖を抱くこともなく落ち着いて過ごすことができました^^まずは、図形のパズル。こんな感じのパズル。シート

つづき

一年以上前の話になります。去年の2月頃だったかな?ある日、こもろ&こもたろを引き連れて、近所のスーパーへお買い物に行きました。 こもろの希望で、帰りにキッズスペースへ。そこは、そんなに広くはないですが区切りがしてあり、幼児用のすべり台が置いてあるスペース

つづき

療育園、園内の公園にてお遊びの時間。母ちゃんこもたろの砂場遊びにつきあいつつ、先生と談笑中。こもたろが砂場で必ず遊ぶ、このオモチャ。じょうごになっている所に砂を入れると水車みたいなものに砂が落とされ回転するというもの。何があったのか。本来、こうやって砂を

つづき

母ちゃん、この日は忙しかったのでチビ達のお風呂は父ちゃんにお願いしました。最後にお風呂に入る母ちゃん。げ!こもたろっ・・・!∑(゚Д゚)ちょっ・・・!パジャマパジャマー!この後、父ちゃんに回収されたこもたろでした。服が濡れても、全然気にしないこもたろ^^;も

つづき

公園へ遊びにいきました。こもたろが楽しそうなので母ちゃん、ちょっと離れたところから監視。たろさん・・・走り方が(;´▽`A``あー惜しい・・・!あ。( ̄□ ̄)かろうじてナイス。あ!ウ○コした!∑(゚Д゚)ランキングに参加しています。  1ポチで投票が入る仕組みにな

つづき

我が家の長男坊、こもたろは自閉症です。こもたろは発育測定がキライ。測定で使用する機器が、怖くて怖くてしょうがない。進級後初の測定だったのでやっぱりたろさん大パニック。体重計。ダメでしたー前のクラスの半年間、少しずつ慣らしていきました。乗って針の動きを楽し

つづき

我が家の長男坊、こもたろは自閉症です。こもたろは、同じ形状のものを並べるのが大好き。あ。終わったのかな?移動しただけか。なんだ?あの悪い顔。∑(゚Д゚)んなっ!?おぉぉぉぉいぃぃぃぃぃ!てめぇ・・・。確信犯ダロ。ランキングに参加しています。  1ポチで投票が

つづき

新年度の水中療育。前回のプール、入るまでがえっらい大変でした。 →「保育プール。」このことがあって、先生も私も気合いを入れていたのですがこもたろ先生の中で、すごく楽しい記憶が残ったようですんなり、むしろ喜び勇んでプールへ行ってくれました。 いや~、良かった

つづき

昨日、4月11日の療育園。お天気は雨。公園遊びの予定が変更になり室内遊びになりました。先生「今日は、エアトランポリンで遊びま~すっ」エアトランポリンは初~っこもたろ、大丈夫かな?この状態で、かなりビビリーなこもたろ先生。でっかい袋にビビリ、空気を送る装置

つづき

我が家の長男坊、こもたろは自閉症です。一年ちょっと前の話。こもたろ、2歳半の頃。この頃はまだ、療育園には通っておらず市のセンターで行われている「ことばの発達親子教室」これに月1回、通っていました。ある日の”作ってあそぼう”の時間見向きもしない、やらせよう

つづき

今年に入ってから急激に言葉が増えてきた、こもたろ先生。以前は「どちんちゃー!」オンリーだった、こもたろなりの罵り言葉もと、ボッキャブラリーが増えつつあります。って・・・「ばいきんまん、ドキンちゃん」自体、そもそもの使い方が間違えているんですけど(;´▽`A`

つづき

先日、自分で自分の爪を剥がした、こもたろですがやはり、いつもと違う爪の状態に戸惑いがあるようで絆創膏を剥がしては、怖がっている日々が続きました。(母ちゃんは、「痛いねー」と言うようにしています。 これは痛いんだよ~と教えるため。) そして数日前にやっと、爪

つづき

4月4日。療育園、新学期初日を迎えました。新しい教室は合同の日などで何度か見たことがある教室。お気に入りのプールの前の教室というのもありすんなり入ることができました。教室には、前の担任の先生も最初だけいてくれて雰囲気はいつもと変わらないようにしてください

つづき

↑このページのトップヘ