moroの家族と、ハントメイトと。

ぎゅっと抱きしめたい2 自閉症児こもたろ 小学生になる(単行本)

カテゴリ: 母ちゃん

これは、だいぶ前のお話。ある夜のこと。顔がだいぶ下ぶくれ。ちょっとむくんでる…どころではない。さわってみるも、熱もない。おかしいな、と思いつつ就寝。翌朝。前日とは比較にならないくらいに腫れてた。耳の下。おたふくか???でも、子どもの頃にやったしなぁ。念の

つづき

昨日の続き。 車が壊れた。ちょうど通りがかったところにオートバックスがあったので入って聞いてみたところ車がどういう状況にあるのかピットのスタッフさんが急遽見てくれることに。(ありがたい)ボンネットを開けるとかなり深刻そうにスタッフさんが口を開いた。どうやら

つづき

29日。実はこの日の夜帰省のために出発する予定だった。その前に急遽、とある人からメッセージをもらい確認する用事が出来たので出発前にそれを済ませようと父ちゃん連れて行ってきた。必要なものを取りに行くだけだったので母ちゃんは車内で待機。と、その時。何やら大き

つづき

月曜日。夕方から、なんか体調がいつもと違うなぁーと感じてて夜に計ったら、熱出てた。そして昨日、病院へ。検査してもらったらインフルエンザじゃなかった。疲労?的なものらしい。疲労性の場合、解熱剤は効かないらしいんだけど、念の為ってことで。で、とにかく寝るよう

つづき

こもちんとノートを買いに行ったついでにお茶タイム。いろいろ話してるうちに幼少期の話題になった。(こもたろは一歳半のときに川崎病にかかり入院した)母ちゃん「まじかー。 3歳のころの記憶があるのかー。」こもちん「え?ありえないんだけど」うーん…そういやチーズ

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード18、本日更新しました!言ってはいけないのに① 頭から離れないよろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーーーー忘年会シーズンと保護者面談を控えてるのもあって母ちゃん、ヘアサロンに

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード18、本日更新しました!意外な発言 反抗的なことを言ってしまうのも 成長のひとつとはいえよろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーーーー昨日のつづき。 【閲覧注意】痛い表現が含まれ

つづき

だいぶ前のことなんだけど母ちゃん、目の手術を受けたことがあるんだ。今日はその時の、人に話すとすごく興味津々に聞かれるので記事にしてみた。痛い表現あるよ。こういうの弱い人は注意してね。ほんとごめんね。さてさて元々えっっっっらい視力が悪かった、母ちゃん。父ち

つづき

年をとってきて皮膚が弱くなったサクラ。かかりつけの獣医さんの指導のもと毎日お風呂で薬用シャンプーしてる。裾をまくり上げるより脱いじゃった方が濡れない。まぁ、見られるっていっても家族だけだし、気にすんな。シャワー。拭きあげ。乾燥。風邪ひかないように部屋をガ

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード18、本日更新しました!趣向を変えて 毎回使える方法ではないけれどよろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーーーーー寒くなってきて、あれよあれよという間に。父ちゃん「顔がさらに丸

つづき

ある日の午後。電話がかかってきた。何かあったんだろうか?はい、そうですー。先生「あの、待てど暮らせど 放課後デイが迎えに来なくてですねー、 で、予定表を確認したんですが…」そうだった!今日放課後デイない日だった!母ちゃん、急いで学校へ到着。↑はやる気持ち

つづき

むしろ何も食べたくないっていうか。だから、父ちゃん「へーっ ってことはでさ、昼ごはん食べるじゃん?稽古したことない親方。聞くと、この食後に襲ってくる眠気は血糖値スパイクっていうやつらしいな。うん、気をつける…今日の過去記事3つ。 ひんやりはイヤ。 もうこの

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード16、本日更新しました。喝? 急に熱血よろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーーーー先日、パソコンのデータ整理をしていたらわーっなんかテンション上がっちゃうっ見てみよーっ・・・

つづき

先日立ち寄ったコンビニ、カゴに商品を入れて、お会計のとき。あら?東南アジア系ぽいお顔立ち。声だけ聞いてたら外国の人ってわからないくらい。母ちゃん、日本語しか喋れないので二ヶ国語以上の言語を使える人、尊敬する。やばいやばい思わず見とれてしまった。小銭がジャ

つづき

こもたろ、最近、人の名前の由来が気になるみたい。お母さんの名前?えっとね、婆ちゃんから聞いた話によるとお母さんが生まれた時にお寺に行ったんだって。あたしゃ、悪霊か。お祓いされても存在しているくらい強いのかとだから怖い話も平気なのかと変に納得していた、こも

つづき

↑このページのトップヘ