「moroの家族と、ハンドメイドと。」moroオフィシャルブログ

ぎゅっと抱きしめたい2 自閉症児こもたろ 小学生になる(単行本)

カテゴリ: 母ちゃん

新刊が出ます!全国の書店さまにてご予約受付中!【amazon】自閉症くんのトテトテ小学生生活 (すくパラセレクション)moro竹書房2020-06-25【楽天ブックス】自閉症くんのトテトテ小学生生活 (すくパラセレクション) [ moro ]今作も電子版、出ます。更新あり次第またお知らせ

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード24、本日更新しました!ねぇ帰ろ? 例年よりも短期の滞在だったが満喫できてよかったよろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーー新刊が出ます!全国の書店さまにてご予約受付中!自閉症く

つづき

こもちんとこもたろが妖怪についての話題で盛り上がっていた。こもちん「いいえなんでもありません(早口)」AIババアって何?と思ったので聞いてみた。老婆の妖怪で学校のパソコン教室にて出るらしい。もうあれだよね。妖怪も時代に合わせて進化してるよね。その妖怪は画面

つづき

先日の昼ごはん。子どもたちはふつーのラーメン。自粛中の昼は麺率高し。「またこれー?」と言われようが「もう麺飽きたー」と言われようが麺を作る。嫌なら食うな。で、このラーメンを食していた時。せっかくのねぎラーメンだもの。麺とねぎ一緒に食べるのが美味しいじゃん

つづき

うちのトランポリン。ずっと前に買ったんだけど場所をとるので解体して押入れにしまっていた。(直径120cm)でもこの緊急事態宣言の中、外に出られなくって運動したくてウズウスしている娘が「トランポリン出して!」と懇願してきた。みんなの運動不足解消にもなるしって

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード23、更新しました!マラソン大会 あしらわれた感じよろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーーーーーつい昨日なんだけどと気付いて5日は誕生日だわ、と。コロナ禍で休校で自粛ですっか

つづき

休校中。こもちんは運動不足解消のためダンス動画を再生して一緒に踊る時間を作っている。筋トレダンスとか有酸素ダンスとかいろいろあって楽しいそう。この日も数十分間踊って汗だくになってた。こもちん「あっそうだ、お母さん。なんですと!母ちゃん、ここんとこほんと肩

つづき

新型コロナ感染者数が連日えげつない。命を落とすかもしれない恐怖。明日は我が身。今まで生きてきて、こんなことなかった。怖い。本当に怖い。父ちゃんは都内に働きに出てる。毎日ぎゅうぎゅうの満員電車、3密どころではない所に数時間。家族の中で一番感染リスクが高いの

つづき

今日は4月2日。国連が定めた、自閉症啓発デー。新型コロナの影響でイベントは中止になってて東京タワーはブルーのライトアップのみ。(人が集まるところには行かないでね!)そんな中での4月2日だけど自閉症の人のことちょっとでも考えるきっかけになれば嬉しいです。青

つづき

母に痩せてほしい娘。こもちん「見た目じゃないの。 健康でいてほしいから 言ってるの」そうだな。健康ではありたいな…そんな話をしていたら話題は別のところに。こもちん「知ってる?」愛を。目が泳いでおるぞ。では。さぁ。父ちゃん「よ、よぅし」解説しよう。抱っこさ

つづき

土曜日の夕方のこと。風呂場からえらい音。かけつける父ちゃん。風呂場の状況。何があったのか。実はこの日、爺ちゃんが仕事でこっちに来ることになり孫たちの顔見がてら一晩ウチに泊まっていくことになっていた。車で来るみたいだし仕事の後で疲れてるだろうから風呂を沸か

つづき

こもちんは生まれた時から大きい子で年齢よりも上によく間違われた。生後3ヶ月なのに、10ヶ月くらいに間違われたり2歳のころには「もうすぐ幼稚園?」なんて間違われた。幼稚園のころは小学生に間違われるなんて日常茶飯事。小学校の高学年になるとこの身長を男子にから

つづき

これは、だいぶ前のお話。ある夜のこと。顔がだいぶ下ぶくれ。ちょっとむくんでる…どころではない。さわってみるも、熱もない。おかしいな、と思いつつ就寝。翌朝。前日とは比較にならないくらいに腫れてた。耳の下。おたふくか???でも、子どもの頃にやったしなぁ。念の

つづき

昨日の続き。 車が壊れた。ちょうど通りがかったところにオートバックスがあったので入って聞いてみたところ車がどういう状況にあるのかピットのスタッフさんが急遽見てくれることに。(ありがたい)ボンネットを開けるとかなり深刻そうにスタッフさんが口を開いた。どうやら

つづき

29日。実はこの日の夜帰省のために出発する予定だった。その前に急遽、とある人からメッセージをもらい確認する用事が出来たので出発前にそれを済ませようと父ちゃん連れて行ってきた。必要なものを取りに行くだけだったので母ちゃんは車内で待機。と、その時。何やら大き

つづき

↑このページのトップヘ