「moroの家族と、ハンドメイドと。」moroオフィシャルブログ

自閉症くんのトテトテ小学生生活 (SUKUPARA SELECTION ) (日本語) コミック

カテゴリ: 母ちゃん

すくすくパラダイスぷらすにて、「生まれたのは自閉症くん。~小学校編~」ただいま第2話更新中!第2話-18 本日更新です!「上と下」 ということで…ただ今勉強中よろしくお願いします。――――――――――――――――新しい読み物プロジェクト「ストリエ」先週、最新話

つづき

すくすくパラダイスぷらすにて、「生まれたのは自閉症くん。~小学校編~」ただいま第2話更新中!第2話-16 本日更新です!「授業参観⑥」 この経験がまた今後に活かせたらいいなと思うよろしくお願いします。――――――――――――――――――げっぷをしたことがありま

つづき

朝、こもたろを教室へ送り出してから小学校の廊下での出来事。英語の先生だーっ!英語ができない母ちゃんは外国の方を見かけると緊張してしまう。よみがえる記憶・・・。→とっさのヒトコト。えーっと、えーっと元気にハロー!・・・いやいや、今は朝だからグッモーニンッよ

つづき

すくすくパラダイスぷらすにて、第21話、更新中!5月15日まで毎日更新します!土日に更新されました。「それが病院」病院ではそうだと思っている「集中力」 差が激しい子ですよ第21話-19 本日更新です!「届かないときは」 指差しが届かないときとかねよろしくお願いし

つづき

【追記】テーマ間違い、修正しました。ご指摘してくださった方、どうもありがとうございます。すくすくパラダイスぷらすにて、第21話、更新中!5月15日まで毎日更新します!本日21話-13 更新です!「予防接種」でも泣かなかったよよろしくお願いします。―――――――

つづき

すくすくパラダイスぷらすにて、第21話、更新中!5月15日まで毎日更新します!土日に更新されました。「ののケーキ」 たしかに「ルート」はじめに通ったのは絶対本日、第21話-5 更新です!「分かってはいるんです」 聞く質問は…よろしくお願いします。―――――――

つづき

すくすくパラダイスぷらすにて、第20話、ただいま更新中!4月14日まで毎日更新します!本日、20話-16 更新です。「勘違い」 みんなビックリするから よろしくお願いします。――――――――――――――――――4月6日月曜日。この日はこもたろが通う小学校の入学式

つづき

すくすくパラダイスぷらすにて、第20話、ただいま更新中!4月14日まで毎日更新します!土日に更新されました。「イントネーション」 その発音は独特「ヘルプミー」 遠くから求めたそうです第20話-8 本日更新です!「うどん」 果たされるまで続きますよろしくお願いしま

つづき

すくすくパラダイスぷらすにて、第19話、ただいま更新中。3月17日まで、毎日更新します。第19話-6、7 土日に更新されました!「おかわり」確認しながら言ってました「かぜ」 そういう理由なんだ(笑)そして本日、第19話-8 更新です!「特定のCM」 その早さはまるで…よろ

つづき

すくすくパラダイスぷらすにて、第17話-7、日曜に更新されました。「どうぞ」 深い意味はなくともよろしくお願いします。―――――――――――――――――帰りの高速道路はずーーーーーっと渋滞。しかも途中のSA御在所と湾岸長島が2連チャンで閉鎖されているというなん

つづき

すくすくパラダイスぷらすにて、第17話-6、本日更新です!「目が合うけれど」 自分のタイミングじゃないとまだ・・・よろしくお願いします。――――――――――――――――今年も兵庫県の実家へ帰省しています。元旦の朝は快晴。まったり家で過ごし、夕方、ちょっと買い

つづき

すくすくパラダイスぷらすにて、第17話、ただいま更新中。「女にはわからない」よろしくお願いします。――――――――――――――――――今日の我が家は大掃除でした。今年の汚れ、今年のうちに!本日分の宿題を終えたこもちん途中から参戦してくれました。取り掛かって

つづき

すくすくパラダイスぷらすにて、第16話-3、本日更新です。「掛け布団」ダウン着用はまだまだつづく・・・よろしくお願いします。―――――――――――――――――――――ビニール袋を使おうと、取り出したはいいものの、何度こすり合わせても、虚しく空振り。こもちん

つづき

お知らせです。9月25日、ハフィントンポストに掲載されました。息子が自閉症と気づくまで ママの葛藤(1) ←コチラハフィントンポスト ・・・政治やビジネス、社会情勢などを分かりやすく整理して 提供。 各分野の専門家や有識者と個人が意見をやり取りできる、ソーシ

つづき

今日は書籍化の裏話を。(今日の記事は長いです…)まずは人物紹介。今回の書籍化にあたって、すごくすごくお世話になった方たち。編集のSさんは、本の案や指示を出してくれる存在。担当Yさんは私のスケジュールを把握、Sさんの指示を伝えてくれたりと、いわゆる架け橋的な存

つづき

↑このページのトップヘ

×