moroの家族と、ハントメイトと。

ぎゅっと抱きしめたい2 自閉症児こもたろ 小学生になる(単行本)

カテゴリ: 父ちゃん

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード5、本日更新しました!イルミネーション 言い方よろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーー父ちゃん、自販機にて。喉が乾いたのでオレンジジュースを買った。そしたら熱々だった。温度設

つづき

こもたろ、手洗い中。きれいになった。タオルタオル…父ちゃん「この砦を突破してみよ」早くどいてほしいので軽くはたいたら、さらに面倒くさい反応。でもこれで砦を無効化できた。★★★★★サブブログ、更新したよ。「女の子コート。ひとまず…」↑画像クリックで記事にと

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード5、本日更新しました!人への注意 今と昔② 前よりはいい対応になった…のかな?よろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーー先日の朝、起き抜けにこもちんがと言ってきた。こもちん「家

つづき

先週末の土曜日は勉強会で大阪に行ってた母ちゃん。一日家を留守にしたので翌日曜日は家族サービス。養老渓谷に行ってきたよ。紅葉シーズンちょっと前だからか、すごく空いてた。水キレイ。釣りをしてる人が何人かいたよ。いいなー、釣り。紅葉はまだまだですな。ここね、歩

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード5、本日更新しました!髪を切る 月1なんて到底ムリよろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーーー思い出した話。去勢後しばらくエリザベスカラーが付けられていた、あの頃。こんな感じ→

つづき

ハンドメイドの方、9月に入ってから毎日のように作っていて作品がだいぶたまったのでそろそろいいかな、とお店のことを考えだした。本当はもっと作りたいんだけど時間もそんなに取れないし作るのは一人だしで、なかなかねぇ。父ちゃん「俺もさぁ」だろうね。ミシンと格闘し

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにて連載中!本日より、新エピソード4が更新開始です!本番へ向けて え…待ってどんな状況?よろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーひとつ思い出した話。これは、夏休みの時の。爺ちゃん婆ちゃんが、

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード3、本日更新しました!踊りきってみせる 今年もがんばった!よろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーーーこれまたちょっと遡って夏休みのこと。こもちんの夏休みの絵日記で「恐竜に会え

つづき

週末の出来事。母ちゃんが2階で洗濯物を干しているとこの足音は…おおう、どうした。何やら穏やかじゃないな。ははーん。父ちゃんと何かあったか。父ちゃん「虫とり行くって行ったでしょう」こもたろ「いかない! ひとりでいけば!?」父ちゃん「こもたろと 行きたかった

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード3、本日更新しました!そして運動会 感謝の気持ちは声に出すよろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーーーー夕方。こもたろ、プラモを組み立てるも難しいところがうまくいかない。母ちゃ

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード3、本日更新しました!切り替えていこう 気持ちを切り替えようとしてるんだねよろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーーーーみんなも知ってる、牛乳パックの開け方。パックの口に書いて

つづき

昨日の記事、コガネムシの騒動から翌日。なんなの、立て続けにーっこもちん「勉強してたら机の下から」そんな音を鳴らす虫なんているー?めっちゃジーーーーいってる。しばらく探しているとジーの原因がわかった。バッタならわかるけどキリギリスなんてそうそう見ないよね。

つづき

ポン太が家にきてから父ちゃんはどうしてる?とのお声をいただいたので今日は父ちゃんの様子を。予想通りだろうけど、かーなーりーメロメロ。父ちゃん「オレさー、 今まで何匹か猫飼ってたけどさー」ポン太は歴代でトップらしい。父ちゃんが飼ってた猫はなかなか触らせてく

つづき

「自閉症くんの母、やってます」すくすくパラダイスぷらすにて好評連載中!エピソード21、本日更新しました!療育手帳⑦ 気持ちの問題なんだけどよろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーー週末、家族で居酒屋へ行ったよ。父ちゃんがずっと「行きたい」って言ってた

つづき

「自閉症くんの母、やってます」すくすくパラダイスぷらすにて好評連載中!エピソード21、本日更新しました!療育手帳② 反対されなくて良かったよろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーーさぁさぁ、猫が我が家にやってきた。一番喜んだのは、もちろんこの人。長

つづき

↑このページのトップヘ