moroの家族と、ハントメイトと。

ぎゅっと抱きしめたい2 自閉症児こもたろ 小学生になる(単行本)

カテゴリ: 父ちゃん

全国的に大雪でしたね~。こちら千葉も、今までにない降雪でした。夫婦で雪かき。子どもたちは庭で雪遊び。この大雪でキャッキャ言ってた父ちゃん。当然、雪かきをする際も大はりきり。玄関先は父ちゃんに任せ、母ちゃんは庭側の道路を。しばらくして、様子を見にいきました

つづき

「すくすくパラダイスぷらす」にて、Webマンガの連載中!本日、第6話-4更新です!「熱心」 ←クリックきびしい・・・よろしくお願いいたします。―――――――――――――――前の話になりますが・・・サンデードライバーの父ちゃんが久々に運転。 ガソリンスタンドへ

つづき

「すくすくパラダイスぷらす」にて、Webマンガの連載中!第6話ただいま更新中!「こもちんツノのつくり方」「オウム返し」「たわし」――――――――――――――――――父ちゃん、車で用事に出かけたときのこと。 ここいつも混むんだよなー。対向車が渋滞しちゃうから、

つづき

「すくすくパラダイスぷらす」にて、Webマンガの連載中!本日、第5話-6 更新です!「どっち?」 ←クリック救急車とこんがらがっちゃったよろしくお願いします。――――――――――――――――moro家の大晦日の夜。この日はハイテンションで遊び倒したせいか、たろさ

つづき

おはよー。こもたろ、まだ寝てる・・・。ママはごはんの準備で大忙しか。よし、こもたろは俺が見てよう。「こもたろ、おはよー。」無反応・・・か。・・・・・・・・・・今度は成功するか?!(゚Д゚)妻にどつかれました・・・。ランキングに参加しています。  1ポチで投票

つづき

サクラさん、首かしげーの耳ぴょこ。「キョトン」って感じのあのしぐさ、可愛いーっ父ちゃん「俺も呼んでみよー」よーし。俺やっちゃうぞーっ(σ・∀・)σ・・・・・・・・・・・・・・やっちゃうぞって何をだよ(笑)。やっぱり父ちゃんは期待を裏切らなかった。ランキング

つづき

いつも応援ありがとうございます^^「すくすくパラダイスぷらす」にて、Webマンガ連載中。本日、第1話-3ページ目の更新です!「タンス」  ←クリック!狭いところがすきです。 ――――――――――――――――――――――――――では、本編です。今日はパパのお話。

つづき

こもたろのオムツ替え中。ふと、父ちゃんの方に目をやる。目をつむったまま、同じ大きさの粘土をいくつも作る父。えーっと・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・職業、会社員。ランキングに参加しています。  1ポチで投票が入る仕組みになっています。  

つづき

皆さん、前の記事ではたくさんのお祝いコメントをくださいまして、ありがとうございます!!こもたろは幸せ者です~っ・°・(ノД`)・°・いつも応援していただき、日々の励みになっております。では、今日も元気に^^↓どうぞ~。わ♪チューしてくれるの?と、見せかけて

つづき

最近のたろさんは、自分で絵を描くだけではなく、母ちゃんに「描いて」と催促します。今日、これで何回目?しつこく何度も繰り返すので母ちゃんもちょっとお疲れモード。母ちゃん「わかった。たろくん。これで今日は最後。あと1回だけね。」絵本の内容なので、カエル、ねこ

つづき

我が家の玄関に植えられていた、木。以前、大雪が降った際に雪の重みでクニャっと曲がってしまったと書きました。これ、しばらくしたら自然に上に伸びていくと思っていたのですが・・・日が経つにつれ、どんどん曲がっ・・・・というか、倒れてきました・・・(;´Д`)ノこの

つづき

つい先日のこと。コーヒー飲も・・・。母ちゃん、咄嗟の、ティッシュばら撒き。はい。今、これを読んでくださっている方々皆さん、え?(・∀・)???だと思います。かく言う私も、一体何が?何故?ホワイ?プ・・・で?そのプルタブを?ダメだ。笑いを堪えきれんっと、まぁ

つづき

とある日曜日の朝。こもちんと父ちゃんが一足お先に起床。ママとこもたろ、まだ寝てる・・・。そういや、昨晩もこもたろ遅くまで起きてたっぽいもんなー。しかし、・・・起こすか。こもちんー、ママ、パパには怖いからね(寝起き悪い)、一緒に起こそうね。・・・・・・・・

つづき

パパさん、仕事から帰宅。 ほんとにー?ありがとーっ事務的。父親なんて、こんなモン・・・・°・(ノД`)・°・by父ちゃんランキングに参加しています。  1ポチで投票が入る仕組みになっています。  更新の励みになりますので 「応援してるよ~!」のポチ、よろしく

つづき

たろさんと母ちゃんの、いつもの光景。こういう時の母ちゃんは公園とかにある、ゾウとかパンダとかの置物(遊具?)と同じ扱い。あまりに日常と化していて母ちゃんも慣れに慣れてしまいたろさんが登っているのに気が付かない時も。(それもどうかと思いますが・・・(;´Д`)

つづき

↑このページのトップヘ