moroの家族と、ハントメイトと。

ぎゅっと抱きしめたい2 自閉症児こもたろ 小学生になる(単行本)

タグ:こもたろ

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード15、本日更新しました。いつもと違うことは これぞ視覚支援よろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーーー父ちゃん、ネットで芝生の種をお買い物。冬に強い芝なんだって。父ちゃん「待っ

つづき

朝、起床。洗顔してきたこもたろが部屋に戻ってきた。と、タンスを開こうとしてこもたろの腕が…まごうことなき背中。気を取り直して。こもたろ「こんどは、てがそんな間違えある?横で聞いてた、こもちん。ちょっと失礼だと思うの。今日の過去記事3つ。 はなかっぱぁぁぁぁ

つづき

ある日のこと。こもたろ、お気に入りおもちゃのひとつ。マグロ解体パズル。こうやって、マグロ解体ショーのように各パーツごとに分解できるおもちゃ。それぞれに名称が書かれているのでこもたろドストライクなおもちゃなのである。因みにこのシリーズ、豚とカニも持ってる。

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード15、本日更新しました。昨日の晩ごはん 本気でボケてますからよろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーーー今日はポン太の話。突然だけどヘビイチゴちゃんちのテオくん、ポン太とブチの

つづき

お友達の家に行った時のこと。「この時期、外に虫がいるかも」ということで庭で遊ばせてもらった。友人は家庭菜園をしていてこもたろが知らないことをいろいろと教えてもらったよ。「土からでてるブロッコリー、はじめてみた!」そのうちリスペクト。先生呼びに。こもたろが

つづき

こもたろ、放課後デイにて。この日はアイロンビースを作って遊んだ。ビーズが完成したあたりでもう帰宅の時間。連絡帳にはヒカキンのアイロンビーズを作った旨が書いてあった。翌日の放課後デイ。確認。話は、前の日帰りの時間に遡る。アイロンビーズを作った後帰りのしたく

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード15、本日更新しました。急な変更② 先生「引き際がカッコよかったです」よろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーーーこもたろ、宿題中…突然のことに目を丸くして驚いてた。飛ばされた

つづき

夕飯時。給食のカレーってかぶる率、高くない?ざっとだいたいのは見るけどさー。今日は◯◯だ!なんて見てないよ。それに何だかんだバタバタしてるし。あ、こら。説教臭いか。これが説教臭いというのか。こもたろ「はっ…!」やかましいわ。今日の過去記事3つ。 漫画の予報

つづき

ちょっと前のこと。こもたろと買い出しに行ってちょっと休憩。お茶した。母ちゃん「こもたろ、何を飲む?」え!こもたろ、3年前こんなだったじゃんっ もにゃもにゃするよ?大丈夫?しかし、こもたろの意思は堅かった。TVでよく見る、タピオカブーム。今日の僕は、前とは違う

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード15、本日更新しました。急な変更① たくましくなったなぁよろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーーーーーある日の放課後デイ。こもたろが先生に遊びの提案をした。先生「じゃあ、先生

つづき

昨日の台風。車を運転していたら、横風にあてられというところで、夢だった。夢にまで影響するほどの暴風音。そしていろんなものが家にぶつかってる。時は朝の4時。あ、こもたろ。おはよう…(早すぎるが)なるほど。キミはそう捉えるか。家にいえば、大丈夫だから。心配し

つづき

ごめんなさい。お食事中の方はご遠慮ください…ーーーーーーーーー学校から帰宅のこもたろ。帽子とランドセルを投げ捨てバタバタとトイレに入っていった。歌ってる。これは大きい方だな。しばらくして、悲鳴が。何だ!?ただ事じゃない!?母ちゃん「鍵開けて!?」こもたろ

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード15、本日更新しました。運動会本番 意外なところで才能が(笑)よろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーーー先日、学校に迎えに行ったら先生に話を聞いたら、こうだった。手を洗いに行

つづき

夏休み中、時間があれば父ちゃんを誘っていた、こもたろ。で、毎回セミとりしたら、母ちゃんに見せに来るという こんなことになってたんだけど。先日の夏休み最終日。9月1日、日曜日。父ちゃん、バッチリ準備をしてと、声をかけた。断られた。笑った。今日の過去記事3つ。

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード15、本日更新しました。運動会の練習 あるあるよろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーある日のこもたろ。空中に絵を描きながらふらふらと歩いていた時立ち止まったかと思っ

つづき

↑このページのトップヘ