「moroの家族と、ハンドメイドと。」moroオフィシャルブログ

ぎゅっと抱きしめたい2 自閉症児こもたろ 小学生になる(単行本)

タグ:帰省

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード19、本日更新しました!こもたろコケる 離れて見ているようなよろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーーーーー今回の帰省でこもたろは完全に爺ちゃんっ子だった。この2人を見ていてふ

つづき

引き続き実家に帰省中の話。爺ちゃんは出かけていた婆ちゃんを迎えに外出中。爺ちゃんを待っている間、家族で雑談をしていたんだけどこもたろがした質問が父ちゃんにはわからなかった。すると、と、バカにするような発言。これはよろしくない。言葉の使い方って、家で気をつ

つづき

実家帰省時に使っていたもの。それは、犬猫用の折り畳み可能な布製で災害時にも使えるとあったので買ったもの。檻などとは違いかさばらないし軽いので持ち運びに重宝してる。あと、大きなものを選んであげると広くて快適。帰省の時はサクラ用とポン太用でそれぞれ持って行っ

つづき

こんなことがあり、   やっと帰省することができた我が家。こもちんは婆ちゃんにベッタリ。こもたろは爺ちゃんにベッタリ。サクラも婆ちゃん。ポン太は…1年ぶりの再会だ。忘れたらしい。と、まぁポン太以外はみんな父母から離れていっちゃってね。まぁ静か。さて唯一母ち

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード19、本日更新しました!次のメニューは? これがよかったのか そわそわすることがなくなったよろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーーーーその1。 その2。 帰省が絶望的となった。

つづき

昨日の続き。 車が壊れた。ちょうど通りがかったところにオートバックスがあったので入って聞いてみたところ車がどういう状況にあるのかピットのスタッフさんが急遽見てくれることに。(ありがたい)ボンネットを開けるとかなり深刻そうにスタッフさんが口を開いた。どうやら

つづき

29日。実はこの日の夜帰省のために出発する予定だった。その前に急遽、とある人からメッセージをもらい確認する用事が出来たので出発前にそれを済ませようと父ちゃん連れて行ってきた。必要なものを取りに行くだけだったので母ちゃんは車内で待機。と、その時。何やら大き

つづき

実家に帰った時の爺ちゃんとの会話。こもたろは爺ちゃんに宇宙の話をしていてその話から地球の話に発展。地球の未来的なことで盛り上がっていた。爺ちゃん「地球に輪、かぁ」いつもの。爺ちゃん「地球に輪ができたら…」そういうの通用しないんだからもうやめとけって思いま

つづき

年末。爺ちゃんの提案で舞鶴にある市場に行くことになった。雪ーーーーーーっ※助手席の父ちゃんが撮影子どもたちは大はしゃぎ。この後高速道路にのって走っていたら途中でチェーン規制。一度インターで下ろされ(出口は通過せず)冬用タイヤ(orチェーン装備)かどうかのチ

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード3、本日更新しました!注意されちゃった 約束やぶってゴメンよろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーーー兵庫から千葉への帰り道。もう…夏休みの一大イベントが…終わる…その前に寄っ

つづき

移動中の車内。後部座席の子どもたちはTVを観ていた。※運転席は観れません。トンネルに入ったところで画面が黒くなったらしく、と、こもたろが言った。電波が届かないみたい。すると、こもたろ。こもたろの発言ってほんと飽きないなぁ。★★★★★サブブログ、更新したよ。

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード3、本日更新しました!気をつけてること② 備えるに越したことはないよろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーーーーそして到着。アドベンチャーワールド。マリンワールド、サファリワー

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード3、本日更新しました!気をつけてること① すぐに出られる席を確保よろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーー爺ちゃん、用事があり一足お先に兵庫に帰った。婆ちゃんはしばらく千葉に留

つづき

我が家の帰省はいつも車で移動してるわけですが…移動中の休憩!これ楽しいよねーっ今回の帰省では行きに足柄PAで車中泊したよっ夏の帰省で、千葉へ戻る時に富士山を見れなくてこもたろがすごく残念がっていたから再び逢わせてあげようと思って。朝の富士山。車を走らせ、次

つづき

「自閉症くんの母、やってます」すくすくパラダイスぷらすにて、連載中!エピソード16、更新しました!課題への理解・達成&つまづき/ひらがな⑨ 楽しい方に気が向くよろしくお願いします。―――――――――――――帰省、最終日の夜。いつものように2階の婆ちゃんの部

つづき

↑このページのトップヘ