moroの家族と、ハントメイトと。

ぎゅっと抱きしめたい2 自閉症児こもたろ 小学生になる(単行本)

タグ:発達障害

こもたろ、折り鶴を折れるようになったよ。ここまでの道のりはこもたろにとってそれは険しいもので失敗して、また失敗。「次がんばろう」の呪文が効かないくらいやってもやっても、うまくいかない。何度やってもうまくいかない。学校でも挑戦したらしい。でも思ったように折

つづき

「自閉症くんの母、やってます」すくすくパラダイスぷらすにて、連載中!エピソード15、更新しました!奇声・その後③ でもなんとかしたいよろしくお願いします。―――――――――――――ある日の朝。登校のための、準備中。いつも置いてるところに名札がなかった。つけ

つづき

ちょっと前の話。小学校で、校外学習があった。昔でいうと、社会科見学かな?こもたろはそれはそれは楽しみにしていてだいぶ前から「いってくる!」と主張していた。カウントダウンも始めちゃって「またあした」っていう辺りこもたろらしくて、好きなんだけど。本当に楽しみ

つづき

「自閉症くんの母、やってます」すくすくパラダイスぷらすにて、連載中!エピソード15、更新しました!奇声・その後② あと感情コントロールねよろしくお願いします。―――――――――――――こもちん「みんなが知らない言葉を使っててさ、 意味を聞いたのよ」キミも充

つづき

昨日のこと。足の小指。なんか靴下にひっかかってチクチクするなぁ。ささくれにでもなったかな?小指の爪が…根本から割れて剥がれて皮一枚で繋がっていた。どうしてこうなった。それまでチクチクして気になるなー程度だったのにこの状況を見た途端痛みが増す不思議。小指、

つづき

「自閉症くんの母、やってます」すくすくパラダイスぷらすにて、連載中!エピソード15、更新しました!奇声・その後① 自分の感情を伝えられるって とても大切なことよろしくお願いします。―――――――――――――先日、葛西臨海水族園に行ってきた!入るなり、大きな水

つづき

昨日の記事と話が前後しちゃうんだけど先日、検診で病院へ行った時に「そういえばインフルエンザ」と思い出し受付へ問診票をいただきに行った。平日に受けに行くからとりあえず、子どもたちの分と母ちゃんの分。その時に、こんな話をされた。どうやらインフルエンザワクチン

つづき

「自閉症くんの母、やってます」すくすくパラダイスぷらすにて、連載中!エピソード15、更新しました!奇声⑮ 暗くなったらダメよろしくお願いします。―――――――――――――先日、インフルエンザの予防接種を受けに病院へ行ったときのこと。待合室の壁に妊婦さんのポ

つづき

朝。母ちゃん「こもたろくん…」こもたろは魚や昆虫などの生き物になりきっちゃうことがある。ある時は…と、言い出しトンボになるまでをやっていた。因みに、主役はヤゴでありやりたいのはヤゴの羽化。トンボになった途端に興味なさそうに終わらせてしまう。さて、朝のこも

つづき

「自閉症くんの母、やってます」すくすくパラダイスぷらすにて、連載中!エピソード15、更新しました!奇声⑭ 相手が困ることはやめましょうよろしくお願いします。―――――――――――――昨日、夕飯がエビフライになったって話を記事にしたけどもそして翌日の夕飯準備

つづき

先日、ムショーーーーーーにとなりまして。ありますよね、「どうしてもこれが食べたい!」って時。夕飯に作りました。って、こもたろなんだけど。お、エビチリに挑戦してみる?やっぱり。こもたろ、1個でギブアップ。こもちんはエビチリ大好き。母ちゃんもね、子どもの頃か

つづき

「自閉症くんの母、やってます」すくすくパラダイスぷらすにて、連載中!エピソード15、更新しました!奇声⑬ 親がピリピリしてると 子どもにもそれが伝わるよろしくお願いします。―――――――――――――サクラさんの夕ごはん。これはこもちんのお仕事で所定の位置(ケ

つづき

人気ブロガーうたぐわたいじさんのお宅にお邪魔したよ。「お邪魔する前の話」「すごすぎたご馳走」つづきだよ。前半はこんな感じでいさせてもらった、こもたろ。デザートタイムになってからこもたろに任務が課せられた。それは、デザートの飾り付けをするというとても大事な

つづき

「自閉症くんの母、やってます」すくすくパラダイスぷらすにて、連載中!エピソード15、更新しました!奇声⑫ 相手はこもたろだしよろしくお願いします。―――――――――――――人気ブロガーうたぐわたいじさんのお宅にお邪魔したよ。「お邪魔する前の話」つづきだよ。

つづき

皆さんご存知、人気ブログ「♂♂ゲイです、ほぼ夫婦です」歌さん。春に一度歌さん邸にお邪魔させていただいたんだけどその歌さんからと、言っていただいてて先日の献本会でいただいた歌さんケーキでこもちんが心打たれて(元々歌さんの書籍を読んでいて すっかり大好きにな

つづき

↑このページのトップヘ