「moroの家族と、ハンドメイドと。」moroオフィシャルブログ

自閉症くんのトテトテ小学生生活 (SUKUPARA SELECTION ) (日本語) コミック

タグ:こもろ

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード23、更新しました!転入生がくる 昼休みに一緒に遊んだそうよろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーーーーーー先日のこと。おうち体育にて子どもたちがトランポリンを取り入れるという

つづき

ある日のこと。こもちん「お母さん…」こもちん「もうずっとないの。 引き出しにあった折り紙も使い切っちゃって」ああ…買い出しに行ってないしねぇ。あ、ほんとだ。こもちん「この間のさ、なんで!?弟にあしらわれるこもちん見るの好き。今日の過去記事3つ。「むぎごは

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード23、更新しました!リレーの応援 前日に決まったことだったからねよろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーー昨日の午後。2階の自室で作業をしてたんだけど終わったので下におりたら、

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード23、更新しました!運動会③ 周りがイキイキ踊ってるだけに 余計目立つよろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーーー“姉弟喧嘩”と書いて「いつもの」と読みます。休校中、やはり接触

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード23、更新しました!運動会② みんな優しいなぁよろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーこもちん、こもたろをいじる。すぐムキになる反応が可愛いらしくつい、いじりたくなっ

つづき

おうち体育の時間。(平日は学校の授業時間と同じように 過ごすようにしている)2人して向かい合ってるけど静か。ああ、それでじっとしてるのね。こもちん「こもたろ、次ね」と、ここでポン太。けだるそうに歩いてきてこもちんたちの目の前でと、本家の伸びを見せてくれた

つづき

こもちんがハマってるあつ森。買った当初はと言っていた。それはこれの前のやつ「とびだせ どうぶつの森」でこもたろにプレイさせてあげた時にという事件があったからだ。まぁ、新しく住人として登録してやらせたわけではなくこもちんのアカウントをそのまま貸してしまったが

つづき

数日前のこと。こもちん「ポチっと赤いの」母ちゃん「痛い?かゆい?」こもちん「触るとかゆいような?」なんだろう。とりあえず様子見になった。…のだけれど夜になって見てみると、それは左足全体に広がっていた。これ以上ひどくなる前に診てもらった方がいい。翌日。※以

つづき

先日。こもたろが毛布にくるまって大泣きしていた。ここまで泣くとは。一体何があったのか聞いてみると…こもちん、この時ちょっと機嫌がよろしくなく動画を見ていたこもたろに「動画を見るのをやめなさい」とあたってしまったようす。こもたろも反論したけれど「お母さんが

つづき

こもたろ、すっかり家族同然になっちゃってるAIスピーカーに質問。ある日のこと。こもたろ、あるある。すでに知ってることなのにあえて聞く。何度でも聞く。曲名の方が出ちゃった。こもたろ、聞きなおす。また曲名。困惑する、こもたろ。Clovaさん、AIだし。こもたろ「なんと

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード22、更新しました!お先にどうぞ 優しさも育ってるねよろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーーー我が家の犬。猫。家族がずっと家にいて構ってほしいときに遊んでもらってこのコロナ禍

つづき

夜。就寝時間になったのでこもたろに声掛け。こもたろ「うん、そうなんだけど」ここんとこ寝付きが悪い。外にも出られないし身体を動かすにも限りがあるしまぁ緊急事態宣言の最中、みんなもそうだと思うんだけども。母ちゃん「布団に入るだけはしておこう」このやりとりを横

つづき

休校中。こもちんは運動不足解消のためダンス動画を再生して一緒に踊る時間を作っている。筋トレダンスとか有酸素ダンスとかいろいろあって楽しいそう。この日も数十分間踊って汗だくになってた。こもちん「あっそうだ、お母さん。なんですと!母ちゃん、ここんとこほんと肩

つづき

ある日のこと。母ちゃん「いいけど…まだ大丈夫だっけ?このやりとりを横で聞いていた、こもたろと、言った。「5月7日」「5月なのか」珍しい発言に驚いてしまってすっかり反応できなかった、母ちゃんとこもちん。ノーリアクションでいたら「穴があったら入りたい」ごめん

つづき

こもたろ、最近特にポン太が可愛いみたいで積極的に関わろうとしてる。抱っこするけど心もとない。こもたろ「お母さん、みてーっ」あらー。あらーーーー。この後、ポン太はご機嫌ナナメに。こもちんをはたいていた。こもちん「ポン太…私ばっかり…こもちん「親しい家族でい

つづき

↑このページのトップヘ

×