「moroの家族と、ハンドメイドと。」moroオフィシャルブログ

自閉症くんのトテトテ小学生生活 (SUKUPARA SELECTION ) (日本語) コミック

タグ:父ちゃん

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード16、本日更新しました。追いかけてきて また鬼やるからぼくと遊ぼうよろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーーーー車走らせ、家族で海辺近くの公園へ。原っぱが広く続くこの公園、バッ

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード15、本日更新しました。いつもと違うことは これぞ視覚支援よろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーーー父ちゃん、ネットで芝生の種をお買い物。冬に強い芝なんだって。父ちゃん「待っ

つづき

夏休み中、時間があれば父ちゃんを誘っていた、こもたろ。で、毎回セミとりしたら、母ちゃんに見せに来るという こんなことになってたんだけど。先日の夏休み最終日。9月1日、日曜日。父ちゃん、バッチリ準備をしてと、声をかけた。断られた。笑った。今日の過去記事3つ。

つづき

父ちゃんの近くを通るポン太。何もしてないのに父ちゃん、距離をとられる。後ろから見ると、座椅子の背もたれから父ちゃんの顔がヒョコヒョコ見え隠れ。それが気になりあー…あれは行くぞ。いきなりアッパーカット。すごい。母ちゃんには見せないポン太だ。父ちゃん「こいつ

つづき

夏休み。日もくれかけたとき。あの音の主が… こもたろ「ただいまーっ!!」こもたろ「セミ、とってきたよーっ」知ってる。父ちゃん「すげーんだって、見てみ」ぎゃぁぁぁぁぁぁッいっぱいいるし!人はパニクるとルー大柴になることがある。こもたろ「まぁまぁ、おちついて?

つづき

この間の週末。こもたろ「おふろ、あらってきまーす」こもたろが風呂場に行ったら父ちゃんがお風呂を洗ってた。こもたろ、すぐにリビングに戻ってきた。そして父ちゃんがリビングへ。う ん 、 し っ て るまぁ、確かに洗ってるところを見たんだから知ってるってなるよ

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード14、本日更新しました。一緒に見せて? こういう場面はたくさん経験して 気持ちのコントロールできるようになってよろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーーーポン太に攻撃される、父

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード13、本日更新しました。こもたろの気遣い 婆ちゃんを起こさないように 静かに閉めてたよろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーーーーーこもたろ、父ちゃんと公園へ。最近、虫捕りにハ

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード13、本日更新しました。お利口だったら… 調子に乗るなよろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーーーーー先日のこと。休みの日の午前中。庭用の物を揃えたいという父ちゃんの希望でホー

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード13、本日更新しました。ポン太から見るこもたろ そういえば愛犬サクラも 最初そんな感じだったなーよろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーーー「今日はハンドメイドできないー」って

つづき

夜、寝る前。こもたろ「はみがきにいくけど、消さないから、安心して。=洗面所=轟く、こもたろの悲鳴。父ちゃん「押すなよ、絶対に押すなよって」おまえおまえおまえ。飛んできた。ちなみにこもたろ悲鳴からちょっと時間を置いて来たのは口をゆすいでいたから。こういうワ

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード13、本日更新しました。初のショーでドキドキ 楽しめたみたい 「また行きたい」って言ってたよろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーー父ちゃんとこもたろで庭の草とり。父ちゃん「早め

つづき

「自閉症くんのトテトテ小学生生活」すくすくパラダイスぷらすにてエピソード13、本日更新しました。遠出の持ち物 年齢が上がると 荷物って減ってくるもんだけどよろしくお願いします。ーーーーーーーーーーーーーーーー先日、荷物が届いた。受け取ったはいいけど謎の物体

つづき

先週末。庭の芝生が少し傷んでいるところがあるからと追加の芝を少しと、肥料を買った。↑ホームセンターにて。ウッキウキでガーデンコーナーを回る、父ちゃん。帰宅後、すぐに作業開始。満足いったようだ。さて、庭作業のついでに一角に作ってある園芸コーナーも整えたよう

つづき

ここんとこ、色々と思うことがあり(察して)穏やかでいられない日がある。内なる荒ぶり。なるべく普通にしているつもりだけれどちゃんと笑えていないのかと、こもたろに言われた。すかさず、父ちゃん。ほんとに石にしてやろうかぁ。石にしてやろうかぁ。こもたろが言った。

つづき

↑このページのトップヘ

×